freee会計 電子帳簿保存法改正 完全対応

freee会計
電子帳簿保存法改正
完全対応

領収書・請求書・会計帳簿の紙保管が不要に。
freeeだけのペーパーレス体験を。

クラウド会計No.1のfreeeが提供する、
電子帳簿保存改正 対応

領収書・請求書・会計帳簿の
紙保管が不要って、本当?

freee会計は電子帳簿保存法に対応。
領収書・請求書だけでなく決算書や仕訳帳などを紙で保存する必要がありません。
freeeだけのペーパーレス体験を、是非お試しください。

紙はスキャン・撮影して保存

紙をスキャン・撮影して保存
矢印

電子取引データのまま保存

電子取引データのまま保存
矢印

会計帳簿は電子のまま保存

会計帳簿は電子のまま保存
矢印

freeeで変わるバックオフィス
~紙のない経理、かつてない業務効率へ~

1.紙はスキャン・撮影して保存

紙を7年間も保存

領収書や請求書
受け取った領収書や請求書は、
基本的に紙で7年間も保存しないといけませんでした

受け取ったその場でパシャリ

撮影
紙を受け取ったらその場で撮影・freeeに保存
いつでもどこでもすぐに電子化できます

2. 電子取引データのまま保存

PDFや電子明細の保管が悩ましい

領収書や請求書
メールで受け取ったPDFの請求書や、
クレジットカード明細などを書面や専用ソフトで保存したりと、
運用が煩雑でした

PDFも明細も全て電子保存

電子保存
PDFの請求書や領収書をfreeeに取り込むだけで保存完了
銀行明細やクレジットカード明細も自動で同期し、
自動で保存を行います

3. 会計帳簿は電子のまま保存

あらゆる帳簿を紙で出力

領収書や請求書
仕訳帳や決算書、固定資産台帳など
会計帳簿は紙で保存しないといけませんでした

紙の出力は一切不要

紙の出力は一切不要
freeeを使えば保存が必要な会計帳簿をまるっと電子化
もう書面での保存は一切必要ありません

電子帳簿保存法改正、
ペーパーレス経理をリードしてきたfreee

2012年の創業から一貫して、日本のクラウド会計、ペーパーレス経理を推進してきたfreee。
これまで「税務書類は紙で保存するしかなかった」日本で、
30万社の実績とバックオフィスの実態を知るfreeeは、創業以来、税務手続簡略化と法改正要望に携わり、
ついに電子帳簿保存法改正、ペーパーレス経理を実現することができました。

電子帳簿保存法改正

freeeは2022年の電子帳簿保存法改正に対応。
だから、安心。

※ 2022年1月の電子帳簿保存法改正施行以降に対応予定の機能となります

スキャナ保存(紙はスキャン・撮影して保存)

紙をスキャン・撮影して保存

ファイルの訂正・削除履歴機能リリース

freee会計全プランで、アップロードしたファイルの訂正・削除履歴機能を2022年1月にリリース予定です。

訂正・削除履歴機能のリリースにより、2022年の電子帳簿保存法改正後において現行のタイムスタンプの付与作業は不要となります。

電子取引に係るデータ保存(電子取引データのまま保存)

紙をスキャン・撮影して保存

発行した請求書の履歴・検索機能リリース

freee会計全プランで、発行する請求書などの取引書類の訂正・削除履歴機能および検索機能を2021年内にリリース予定です。特に保存のための作業をしなくても、税務エビデンスとして保存ができます。

改ざんできない明細データ

freee会計と連携するクレジットカードや銀行口座の明細データは改ざんができない仕様になっているため、freee会計全プランで、既に電子帳簿保存法で求める要件をクリアしています。

電子帳簿保存(会計帳簿は電子のまま保存)

電子帳簿保存

会計帳簿の電子化に対応

freee会計全プランで、損益計算書、貸借対照表の決算関係書類だけでなく、仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳など、全ての帳簿書類の電子保存が可能となります。

freeeだからこそできる
デジタル経理

freeeはオールインワン
だからこそ広い電子帳簿保存法の対応範囲

保存義務のある会計帳簿を全て電子化する場合、固定資産管理や経費精算システムなどの周辺システムも電子帳簿保存法に対応したシステムで揃えるのが好ましいため、会計帳簿の完全電子化にはハードルが高い状況でした。

その点、freee会計は会計だけでなく、あらゆるバックオフィス領域の機能を単一システムで提供。

freee会計のみで電子帳簿保存法の恩恵を最大限享受いただくことが可能となっております。

電子帳簿保存法のfreee会計対応範囲

国税関係帳簿 国税関係書類 電子取引
決算関係書類 取引関係書類
  • 仕訳帳
  • 現金出納帳
  • 売掛金台帳
  • 買掛金台帳
  • 固定資産台帳
  • 売上/仕入帳

  • など
  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 棚卸表

  • など
  • 納品書
  • 請求書
  • 領収書
  • 見積書
  • 注文書
  • 発注書

  • など
  • 銀行明細
  • クレジットカード明細
  • 電子マネー明細
  • 決済サービス明細
  • ECサイト明細
  • 電子書類

  • など

1,000を超えるサービスの電子明細を
自動取得・電子保存

freeeは銀行明細やクレジットカードの明細だけでなく業務システムのデータなど、APIを通し様々なシステムと自動連携し、仕訳生成の自動化を実施することができます。

そして、自動連携した明細は、改ざんができない仕様になっているため、電子帳簿保存法で求める要件をクリアし、freeeと同期するだけで電子取引データの電子保存が実現いたします。

1,000を超えるサービスの電子明細を自動取得・電子保存

多種多様なファイル取り込み方法

freeeのスマートフォンアプリを通したファイル取り込みだけでなく、スキャナー(ScanSnap)や複合機(FUJIFILM)を用いて高速スキャンしたファイルをAPIを用いてシームレスにfreee取り込むことができます。

また、メールを通して請求書などを受領した場合、アカウントごとに割り当てられたファイル登録用メールアドレスに該当メールを転送するだけで、ファイルをfreeeに登録し電子保存することが可能です。

多種多様なファイル取り込み方法

freee会計 プラン詳細

電子帳簿保存法のスキャナ保存要件に対応したファイルボックス機能は、
2021年内は個人事業主向けのプレミアムプラン、法人向けのベーシックプラン以上のご契約でご利用いただけます。
2022年1月より、freee会計全てのプランでご利用いただけます。

お問い合わせ

freeeが対応する電子帳簿保存法についてご質問がある場合は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。