freee ビジネス
キャッシュレス
アワード

求む。あなたのキャッシュレス実践例


2018
受賞者(12部門)
決定!!

大 賞

経費精算撲滅プロジェクトと小口現金の廃止によって、
経理と従業員の運用を完全キャッシュレス化

スタディプラス株式会社

課題

①経費精算の工数
  • 従業員の立替費用が多いため、従業員に負担がかかっていた。
  • 経費精算の申請者の申請工数増加が一人あたり月5時間となり、受注獲得の足かせとなっていた。
  • 経理側もクラウドサービスとはいえ申請が多く、承認・修正・仕訳計上に時間がとられ、月次決算遅延の要因になっていた。(25時間/月かかっていた)
②小口現金による手間とリスク
会食やユーザーインタビューの謝礼や講演会の謝礼が現金払いになっており、常時数十万円の小口現金を保有していたため、以下の課題があった。
  • 常時金庫に現金があるので不正のリスクにさらされていた。
  • 小口現金の出納チェックに時間がかかっていた。(3時間/月)
  • 月次決算の仕訳が多岐にわたり、月次決算の遅延につながっていた。

解決方法

①経費精算撲滅プロジェクト
プロジェクトを立ち上げ、経費精算の立替費用を要素分解して、ひとつずつつぶしこみを行った。

  • 飛行機・新幹線・ホテル宿泊代・レンタカーは、AIトラベルという出張管理サービスを導入して、遠距離出張費用を全て会社後払いに変えた。
  • 電車賃・タクシー代→モバイルsuicaを会社携帯に導入し、それをコーポレートカードと紐づけして、電車賃やタクシー代をコーポレートカードで支払うことにした。その代わり、定期券代の支給をなくした。クレジットカードの発行枚数と年会費の問題をクリアできたのはライフカードのみだったので、ライフカードを採用した。
  • ETC:ライフカードからETCカードを同時発行して、後払い化を実現。
②小口現金の廃止
小口現金の発生理由を要素分解して、対策を講じた。
  • ユーザーインタビュー謝礼:現金払いからAmazonギフトカード支給に変更
  • イベント講演などの謝礼:請求書払いに変更
  • 会食などの仮払い:部長以上にコーポレートカードを支給し、コーポレートカードで支払うように変更
その結果、小口現金の出金がなくなったので、小口現金を廃止した。それにより、不正リスクが減り、内部統制強化につながった。

効果

月初は経費精算の申請者も経理もみんな苦しんでおり、誰もハッピーではなかったが、経費精算が本当にほぼ撲滅され、付加価値の高い業務に時間がさけるようになった。
立替もほぼなくなったので、従業員のキャッシュフローが円滑になりストレスが減った。
  • 従業員の立替経費額の減少:現状は1万円/人程度まで減少
  • 従業員の経費精算工数減少:5時間/人 → 30分/人
  • 経理の経費精算工数削減:25時間/月 → 5時間/月
  • 定期券代の削減:100万円/年
審査員

ストライプジャパン株式会社
エバンジェリスト
小島 英揮

現金が手元に持つことによる、見えざる管理コスト=Hidden Costとキャッシュフローの課題(会社:準備金などは流動性が低い 個人:出金が先に発生)に着目し、それらの解消を目的としたプロジェクト化、結果の可視化ができているところが高く評価できる。

また、プロジェクトのモバイルSUICAとコーポレートカードの紐づけ、小口現金の廃止など、例外なく徹底されている事と、カード支払いがメインになることによる、経費精算工数そのものの大幅低減を実現、新規システム導入あり期ではなく、運用の徹底で実現できているので、他社のロールモデルにもなりやすいケースステディであることも大きな選定理由。
審査員

株式会社スマレジ
管理部
キャッシュレスブロガー
川上 知己

まさしくお手本キャッシュレスアイディア!月初の経費精算業務や小口現金管理って企業が必ず直面する課題なんですよね。放っておくと結構厄介な課題だったりします。ところがスタディプラスさんは臆することなく、この課題と向き合いプロジェクト化して地道にコツコツとキャッシュレス化を進めている。

その結果、大幅なノンクリエイティブ業務の工数削減からのクリエイティブ業務へ転換させている。いろんな企業さんが、まずはじめに手をつけられるキャッシュレスアイディアだと思います。
審査員

株式会社ニューズピックス
執行役員
麻生 要一

「現金からキャッシュレスに」また「立替精算から会社支払へ」と業務フローをシフトさせることで「工数が減り」「ミスがなくなり」「内部統制上もリスクが減る」という三方よしの好事例。

またその実現方法が、現存するサービスを組み合わせることで実現しており、あらゆる経営者がマネできる汎用性も高く評価したい。

審査員特別賞【小島賞】
アプリを介して、運転代行業者を探し、呼び、支払いはカード決済

株式会社トラパンツ
地方都市で多く利用されている「代行運転」の利便性を上げつつクレカ決済まで一貫して提供されている点を高く評価したい。代行運転側にカード決済機器の設置やカード操作オペレーションが不要であり導入ハードルも低い。
UBER等でもUX的な特徴である運賃の事前提示ができており、配車後の料金交渉や、現金が足りない等の酔客相手のビジネス現場で起きがちなトラブル解消も実現している。

現在秋田地域のみでの展開のようだが、多くの地方都市で代行運転が利用されているので、ビジネス的な伸びしろもあり、期待値を込めて審査員賞としたい。

審査員特別賞【川上賞】
月謝制度を廃止し、申し込みフォームにカード払い機能をつけ、申し込み時に入金完了

ティーアテンダント協会
一般的なビジネスキャッシュレスの導入目的は、業務効率化や不正リスク削減などがメインになりやすいのですが、この事例は、レッスンが終わったあとの現金払い=現実に戻る(冷める)というお客様の消費体験を改善するために、キャッシュレスを導入しています。

キャッシュレス化することによってお客様の満足度を上げ、結果、それが売上に繋がっています。キャッシュレスが顧客満足向上に繋がっている点が、素晴らしいと思います。

審査員特別賞【麻生賞】
独自仮想通貨を使い、子供や高齢者、障害者もキャッシュレスで買物できるプラットフォーム

フロッグカンパニー株式会社
現金からキャッシュレス(仮想通貨決済)に移行することで、現金がゆえの危険リスク(落とす、狙われる、など)を回避できるだけでなく、居場所が通知されたり、親など第三者による二段階承認ができるなど、決済というUXに付加価値を産めることを感じさせてくれる好事例。

子どもでの実証実験に際し、ネイルシールというUXを発明している点も高く評価したい。

アドバイザー賞
該当者なし

審査の結果、アドバイザー賞については該当者なしといたしました。

開業・創業者賞
農産物仕入れと代金支払い
農家の所得向上に貢献

合同会社地域資源総合研究所
JAに出荷すると、問屋や青果市場を経由するために店頭に並ぶまでに2~3日を要するうえ、買取代金が振り込まれるのは月末締めの翌月20日払いとなっていたため、大規模農家ほど資金繰りが困難となっている。

そのため、売れた分の支払いではなく、全量買取し、全量を3日後にオンラインバンキングで送金をおこなうようにした。個人経営の八百屋からは、仕入れ金額をクレジットで決済。スーパーなどは振り込み対応となるが、会計伝票の記帳などもオンラインで自動認証を活用。他には、ジビエ肉をフレンチレストランなどに納品しているが、全てキャッシュレス対応となっている。(相手はオンライン納品書をもとに即日電子処理)

取引先の農家からは、支払いが早く、なおかつ「求められている野菜を農家に提案し、買取り、流通させる」というコンセプトに強く共感をいただいている。
JA出荷していた農家さんは、同じ栽培面積・労働投資で、年間農業所得が270万円から390万円に向上した。120万円増えた分で設備投資が出来、農福連携で精神障害者をパート雇用し、新たな栽培に挑戦している。

「今まで山で廃棄していた鹿や猪が金になるので、0円だった収入が年間80万円まで増えることが出来た」
「猪・鹿肉は、これまで国産という表示だったが、三田市のMさんが捕獲したものであることを店で表示でき、不明点があれば質問できるので提供する料理の価値がさらに広がった」
と高い評価を得ることができた。

店舗賞
青空市場にクラウドレジと
クレジットカードを導入

株式会社ベジアーツ
現金しか扱っていなかったため、カードを使いたい顧客を取りこぼしていた。現金でしかお客様に対応できず、カード払いを今までは断っていた。

現場では、毎日レジから出てくる売上票を手書きで集計する必要があった。また、レジの打ち間違いなど、なれている人もそうでない人も、オペレーションミスが発生していた。

古かったレジが壊れたことをきっかけに、付き合いのあるコンサルタント(つづく株式会社)に相談し、クラウドPOSレジとiPad、クレジットカード決済の導入をした。

現場ではスタッフによるレジ会計の打ち間違いが減り、レジ業務の教育の時間も減らすことができた。クラウドによって、いつでもどこでも情報を知ることができ、意思決定のスピードを上げることができた。

売れる品目、たまたま売れたのか、コンスタントに売れたのかなどの分析をすることで、根拠ある仕入れにつなげることができるようになった。
カード決済を開始してみると、10万円以上の買い物をしてくださるお客様も現れた。

(支援者:つづく株式会社 代表取締役 井領 明広)

イノベーション賞
オフィス向け無人コンビニ
リアルタイムで在庫管理

600株式会社
貯金箱型のお金を入れるタイプの置き菓子サービスなどは、お釣りがない場合に商品が買えない、また在庫とお金が合わないなどの問題が発生するため、キャッシュレスで様々なリクエストにお答えするオフィス向けの無人コンビニ「600」を現在23区内のオフィスやコワーキンスペースを中心に展開した。

クレジットカードの決済に対応しており、商品を取り出し、ボタン一つでその場で決済が完了し、キャッシュレスのみならず、時間に対しロスレスな世界を実現。

在庫とお金が合わない場合に、担当の方がそこで働いている方に対して疑心暗鬼の目で見なければならなくないが、クレジットカード決済とRFIDタグにあるリアルタイム在庫管理により、在庫とお金が合わない問題を解消できた。

それだけでなく、働いている方がより欲しいものを提供するためにLINE@やSlackの共有チャンネルなどのビジネスコミュニケーションツールを通じて、欲しいもののリクエストに答えることができる。 そのため、エレベーターを降りてコンビニまで必要なものを買いに行く時間の削減、また、集中力の低下防止にも繋がる。

ツール連携賞
電子地域通貨とQR決済
フェス出店者の売上UP

株式会社アイラブ
これから訪れるであろう、キャッシュレス決済の波に対抗して、地域で経済をまわすことで、域外への手数料の流失を防ぎ、街の活性化を狙うために、下北沢エリア(下北沢駅周辺)限定の電子地域通貨シモキタコインの活用と、連携したイベントを開催した。

下北沢カレーフェスティバルという街ぐるみ食べ歩きイベントで25店舗にQRコード決済を導入。
(スマホアプリ(I LOVE下北沢アプリ)にチャージして、QRコード決済ができるようになった)

10日間で800回以上の決済、約40万円の流通があり、導入店舗の売り上げは期間中にアップした。

運用改善(バックオフィス)賞
キャッシュレス責任者選任
freee導入で業務削減

株式会社ユニテ
営業部門では月間約80件の集金件数があり、そのほとんどがお客様先への訪問だった。金額も数千円~1,000万円単位となり、金額が大きいと数える手間もかかり、バックオフィスも含め非常に業務負担が大きかった。

freee導入に際して、現金取引の削減、カード決済対応、POSレジ導入をおこない、会社の各部門のキャッシュレス責任者を選任し、プロジェクトとして現金削減を実現した。

営業部門だけで部員10名の月間集金時間を約100時間削減し、管理部門でも立替経費の精算に関する手間が大幅に削減となった。
さらに、集金業務を減らし営業の生産性の向上が見られ、カード決済にも対応したことで、売上も向上した。

電子決済賞
QRコード付POPを導入
小銭扱いが無くなり売上UP

ベースフード株式会社
社員の栄養バランスをととのえる設置型社食サービスを提供しているが、①購入者、②導入企業、③サービス提供側で、3つ課題があった。

①小銭がぴったりないと購入できない。
②現金が執務空間内に置いてあるという、防犯上のリスクが生じる。
③わざわざ現金を回収しなくてはならない。決済の差異が生じやすい。

オフィスの執務室内の販売台にQRコードを設置することで、スマホアプリのみでの決済を実現し、1ヶ月あたりの売上数実績が691%増となった。お客様からも「スマホで決済できるのが嬉しい」と喜びの声が得られた。

電子決済賞
少額備品の現金決済と
エクセル管理を廃止

Ylabo
小額の備品購入や、交通費の精算などの管理に、無駄な時間と労力を要していたが、日々の経費決済を全てクレジットカードに集約し、freeeと連携。

さらに、ApplePayやモバイルSuica機能を利用して、経費精算処理の効率化を図った。

交通費は、オートチャージ対応のViewカードを契約し、モバイルSuicaで全て管理。モバイルSuicaのアプリ内では、複数枚のSuicaを登録できるため、事業用とプライベート用でカードを分け、プライベートな出費と混ざらないように管理したことで、経理の処理が格段に楽になった。

電子決済賞
イベント物販の現金保管
キャッシュレス化で解消

中田中央薬品
イベント物販において、当日の釣銭準備と保管に心配があった。

事前にイベント告知HPで、キャッシュレス決済(クレカ・電子マネー・QRコード)のお願いをおこなったところ、告知を見て参加した物販購入者全員がキャッシュレス決済をしてくれた。

参加者とのコミュニケーションも増え、買い上げ点数が増えた。

日本の
「ビジネスキャッシュレス」を、
ビジネスの現場から
進めていきませんか?

日本のビジネスに
根強く残る現金主義

 あなたは、ビジネスで「現金」をどれくらい使っていますか?

 日本法人におけるインターネットバンキングの利用率はわずか20%。わが国は「キャッシュレス後進国」と言われ、特にビジネスにおけるキャッシュレス化は進んでいません。

 未だに現金取引を行う企業や団体同士で、キャッシュレスの実現方法を検討して答えが見つかるのでしょうか?

※freee自社調べ

キャッシュレス化を
ビジネスの現場から

 キャッシュレスの最先端は、すでに日本でキャッシュレスを実現しているビジネスの現場にあるはずなのです。

 この度、freeeは、ビジネスの現場からキャッシュレスを推進すべく、参画企業と協力し「freeeビジネスキャッシュレスアワード」を開催いたします。

みんなの知見を集めて
日本のビジネスに転換を

 些細な取り組みでもかまいません。

 皆さまの実践しているキャッシュレス実例を集め、日本の「ビジネスキャッシュレス」を、ビジネスの現場から進めていきませんか?

 日本のビジネスキャッシュレスを動かすに値するアイデアには表彰を行い、賞に応じて副賞もご用意しております。

 皆さまの現場のキャッシュレス事例をぜひご応募ください。

ビジネスにおける素晴らしい
キャッシュレスアイデアを
表彰します

大賞
Vプリカ*1 20万円分 1名様
審査員が唸ったビジネスキャッシュレスのアイデア発案者に
効果、独創性、導入実現性の高さなどを総合的に評価し、「日本のビジネスキャッシュレスを動かす」に値するアイデアに贈られる賞。Vプリカ20万円分贈呈に加え、インタビュー記事掲載、さらに受賞イベントにて表彰します。

開業・創業者賞
Vプリカ*1 5万円 1名様
開業・創業にマストなアイデアの発案者に
開業・創業者が抱える悩みの解決に大きく貢献するアイデアを表彰します。Vプリカ5万円分を贈呈します。

アドバイザー賞
Vプリカ*1 5万円分 1名様
顧問先のキャッシュレス化を実現した士業の方に
キャッシュレスで顧問先顧客の事業貢献につなげた士業の方に贈られます。
副賞として、「経営ハッカー」に事例のインタビュー記事を掲載。Vプリカ5万円分を贈呈。

店舗賞
LINE Pay 5万円分 1名様
店舗の集客と売り上げにつながったアイデアに
店舗がQRコード・海外対応クレカなどを導入して、インバウンドや若年層の集客など、新たな顧客層開拓・売上効果につながったアイデアに贈られる賞です。LINE Payにて5万円贈呈。
*副賞の内容は変更になる場合がございます。

イノベーション賞
Vプリカ*13万円分 + Stripe決済手数料無料クーポン*2 1名様
キャッシュレスの特徴を生かして新しいビジネスを立ち上げている方に
アプリ内決済・無人・後払いなど、キャッシュレスの特徴が強く生かされた革新的なビジネスモデルに贈られる賞です。Vプリカ3万円分と、Stripeによる総額300万円分の決済金額における手数料を無料にするクーポンを贈呈。

ツール連携賞
Vプリカ*1 3万円分  1名様
サービスやテクノロジーを駆使してキャッシュレスを実現した方に
請求書・顧客管理・入金管理・会計など広い範囲で、キャッシュレスのみならずペーパーレスに対応し、業務効率化をさらに加速させたアイデアに贈られる賞です。Vプリカ3万円分を贈呈。

運用改善
(バックオフィス)賞
Vプリカ*1 3万円分 1名様
社内で注目されにくい、バックオフィスの成果を応援
バックオフィス部門で実現した支払い後の管理、社内運用で実現した成果も表彰します。Vプリカ3万円分を贈呈。

電子決済賞
Visaギフトカード 3万円 3名様
モバイル・電子決済を活かしたキャッシュレスアイデアの発案者に
モバイル・電子決済サービスをうまく活用したアイデアを表彰します。Visaギフトカード(3万円分)を贈呈します。
*1 Visaプリペイドカード
*2 Stripeによる総額300万円分の決済金額における手数料を無料にします

ビジネスキャッシュレスとは?
事例4パターンを紹介

事例1
地方食品
地方の食品販売業で、
現金主義から脱出した!
効果売り上げアップと、コストダウンできた!

【Before】
・販売も仕入れも、取引はすべて現金のみしか頭になかった...。
・カード導入が売上に繋がるとは想像もしていなかった。
【After】
・仕入れはカード払いができるサイトで購入
・POSレジを導入し、カード決済で新規顧客につながった!
事例2
リフォーム業
リフォーム業界の資金繰り問題が
カード払いへの切り替え交渉で解決!
効果回収にかかるコスト・時間を抑え、
資金繰りを改善

【Before】
・入金に時間がかかるうえ、取引先の支払い遅延もあった...。
・仕入れも現金のみ。資金流出のスピードが早かった...。
【After】
・取引先にクレジットカード払いへの切り替えを交渉
・決済代行サービスも導入して、売上回収コストも削減できた!
事例3
社内運用改善
キャッシュレスで
社内管理部門の運用を改善した!
効果バックオフィス業務を100時間/月削減

【Before】
・現金を受け取ると、遠くの銀行に行って入金していた...。
・小口現金とにらめっこしつつ経理担当が一人で経費をエクセルに入力・管理していた...。
【After】
・現金は基本受け取らない方針を周知
・従業員カード導入で小口現金をなくした結果、管理コストが大幅に削減できた!
事例4
ビジネスモデル刷新
キャッシュレス前提の
「荷物預かり所探しビジネス」を作った!
効果発想の転換で、現金支払いや場所探しにかかる時間コストを削減

【コインロッカーの問題解決】
・コインロッカーは見つけにくい上、空き状況も行かないとわからない
・webで店を検索して、事前予約で確実に預けられる
【キャッシュレスだからこそのメリット】
・ロッカーを見つけても、現金が手元にないと使えない
・いつでも安心な事前クレカ決済

審査員

  • stripe

    ストライプジャパン株式会社
    エバンジェリスト
    小島 英揮

  • スマレジ

    株式会社スマレジ
    管理部 キャッシュレスブロガー
    川上 知己

  • newspicks

    株式会社ニューズピックス
    執行役員
    麻生 要一

参画企業一覧

  • stripe
  • スマレジ
  • 三井住友VISAカード
  • LifeCARD
  • LINEPay

メディアパートナー

  • NewsPicks

応募規約

freee株式会社(以下「当社」といいます)が企画・実施するキャンペーン「freee ビジネスキャッシュレスアワード」(以下「本キャンペーン」といいます)にご応募いただく前に、本応募規約をよくお読みください。
なお、本キャンペーンにご応募いただいた方(以下「応募者」といいます)は、ご応募いただいた時点で、以下の内容にご同意いただいたものとみなします。本応募規約は本キャンペーンに関する応募者と当社の合意の内容となります。

1.本キャンペーンの概要

【応募期間】

2018年11月5日(月)~11月30日(金)23:59

【副賞の内容】
○大賞
効果、独創性、導入実現性の高さなどを総合的に評価し、「日本のビジネスキャッシュレスを動かす」に値するアイデアに贈られる賞。Vプリカ20万円分贈呈に加え、インタビュー記事掲載、さらに受賞イベントにて表彰します。
1名
○開業・創業者賞
開業・創業者が抱える悩みの解決に大きく貢献するアイデアを表彰します。Vプリカ5万円分を贈呈します。
1名
○アドバイザー賞
キャッシュレスで顧問先顧客の事業貢献につなげた士業の方に贈られます。
副賞として「経営ハッカー」に事例のインタビュー記事を掲載。Vプリカ5万円分を贈呈。
1名
○店舗賞
店舗がQRコード・海外対応クレカなどを導入して、インバウンドや若年層の集客など、新たな顧客層開拓・売上効果につながったアイデアに贈られる賞です。LINE Payにて5万円贈呈。
1名
○イノベーション賞
アプリ内決済・無人・後払いなど、キャッシュレスの特徴が強く生かされた革新的なビジネスモデルに贈られる賞です。Vプリカ3万円分を贈呈。
1名
○ツール連携賞
請求書・顧客管理・入金管理・会計など広い範囲で、キャッシュレスのみならずペーパーレスに対応し、業務効率化をさらに加速させたアイデアに贈られる賞です。Vプリカ3万円分を贈呈。
1名
○運用改善(バックオフィス)賞
バックオフィス部門で実現した支払い後の管理、社内運用で実現した成果も表彰します。Vプリカ3万円分を贈呈。
1名
○電子決済賞
モバイル・電子決済サービスをうまく活用したアイデアを表彰します。Visaギフトカード(3万円分)を贈呈します。
3名
【応募方法】

キャンペーン期間に、応募フォーム指定の必要事項を明記の上、貴社もしくは支援先のキャッシュレス実践例をご応募ください。

【当選発表】
  • ・応募者の中から投稿内容を選考のうえ、当選者を決定いたします。
  • ・当選者のみに、登録いただいたご連絡に当選通知をお送りし、副賞発送に関するご案内及び副賞の発送先の確認をさせていただきます。
  • ・当選通知の送信は2018年12月中旬頃、副賞の発送は2018年12月下旬頃を予定しておりますが、諸事情により遅れることがございます。

2.注意事項

【応募に関する注意事項】
  • ・当社及び本キャンペーンの関係者による応募、その他、応募者が本応募規約に違反した場合、ご応募は無効となります。
  • ・お一人様何回でもご応募いただけますが、ご当選はお一人様1案限りとさせていただきます
  • ・同一事業所に勤務されている複数の方から応募があった場合は1名のみ当選とさせていただきます
  • ・本キャンペーンへのご応募、お問い合わせにかかる通信料は、応募者のご負担となります。
  • ・機種・OS・ブラウザ等の理由により一部のPC、携帯電話、スマートフォン、タブレット等ではご応募いただけない場合もございます。
  • ・本キャンペーンへのご応募によるいかなるトラブル、損害が発生したとしても、当社の責に帰すべき事由がない限り、当社は責任を負いかねます。
  • ・応募フォームであるGoogleフォームのご利用にあたっては別途それぞれの利用規約が適用されますので、ご自身で責任をもってご確認のうえ、ご利用ください。
  • ・Googleフォームのメンテナンスや不具合、応募者の利用する通信端末や通信事業者の提供するサービスの不具合等により、本キャンペーンへのご応募が行えない場合や、情報漏えいその他の損害が応募者や第三者に発生した場合においても、当社の責に帰すべき事由がない限り、当社は責任を負いかねます。
  • ・記入欄は漏れなくご記入ください。記入漏れがある場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
  • ・賞品の仕様は予告なく変わる可能性がございます。
  • ・当選者の長期不在や、賞品お届け先住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
  • ・その他、ご応募に関して不正な行為があった場合、当選を取り消させていただく場合がございます。
【投稿内容に関する注意事項】
  • ・応募者が投稿したコメント、写真、画像、動画等、投稿内容(以下総称して「投稿内容」といいます)の著作権は応募者に帰属します。
    ただし、当社、freee株式会社およびビジネスキャッシュレスアワードに参画する各社(以下総称して「当アワード参画各社」といいます)は、投稿内容を応募者に個別に承諾を得ることなく、無償で期間の制限なく自由に利用(複製、改変、翻案、公衆送信及びそのために必要な加工等を含み、これに限りません)することができ、また第三者に利用させることができるものとします。応募者は投稿内容について著作者人格権を行使しないものとします。当アワード参画各社は、投稿内容を利用するにあたり、応募者が投稿に使用した個人情報を表示する義務を負いません。また応募者は投稿内容に含まれる肖像についてもアワード参画各社がこれを利用することに同意します。
  • ・受賞した応募作品(受賞作品)の日本および世界の全ての国の特許、実用新案、意匠、商標、著作権(著作権法第27 条及び第28 条所定の権利を含む)に関する全ての権利は主催者に帰属するものとします。また、応募者は受賞作品に関し著作者人格権を行使しないものとします。尚、上記権利の譲渡対価は、主催者規定の受賞賞金をもって充てるものとします。
  • ・受賞応募以外の応募作品の知的財産権は原則として応募者に帰属します。
  • ・応募作品は、応募者自身もしくは支援先の実体験に関する投稿に限ります。
  • ・投稿内容に、応募者以外の情報を含める場合、必ずご自身の責任で情報の持ち主となる方(未成年の場合はその方の保護者を含む)の同意を全員から事前に取得ください。
  • ・応募にあたっては、必要に応じて応募者自身で権利保護等の措置を講じてください。
  • ・審査において、当社から応募者へ応募作品についての問合せをする場合があります。
  • ・本キャンペーンについての投稿内容に関わる応募者と第三者との間に生じたトラブルについては、当社は一切の責任を負いかねます。
  • ・募集要項に記載された事項以外について取り決める必要が生じた場合、主催者の判断により決定します。応募者は、その内容に同意できなかった場合は応募を撤回できますが、主催者は応募に要した一切の費用は負担いたしません。
  • ・主催者は作品受領後、応募作品の管理について万全の注意を払いますが、天災、その他の不慮の事故に基づく破損・紛失については一切の責任を負いません。
【禁止事項】

以下のいずれかに該当する投稿は禁止とさせていただきます。これらの投稿によるご応募は、無効とさせていただきます。

  1. 1)法令や公序良俗、本応募規約の各規定に違反し、またはそのおそれがある投稿
  2. 2)第三者の著作権その他の知的財産権や肖像権、プライバシー権その他の権利または利益を侵害し、またはそのおそれがある投稿
  3. 3)わいせつ・残虐・差別に相当する等の事情により、第三者に不快感を与える投稿
  4. 4)当社・他人を誹謗中傷する投稿
  5. 5)営利を目的とした投稿
  6. 6)犯罪行為や危険行為を誘引させる投稿
  7. 7)個人情報が含まれている投稿
  8. 8)その他当社が本キャンペーンの趣旨に照らして不適切と判断した投稿

・本キャンペーンのご応募にあたり、本キャンペーンサイトへの不正アクセス、メールアドレスの不正取得その他の不正行為を行った場合は、ご応募を無効とさせていただきます。

【当選に関する注意事項】
  • ・当社からのご連絡を受信いただけない場合、または弊社からご案内する期限までに副賞の発送先をご登録いただけない場合は、当選を無効とさせていただきます。
  • ・副賞の発送先は、日本国内に限らせていただきます。
  • ・住所の誤記、転居先不明、長期不在等の理由により副賞をお届けできない場合、当選は無効とさせていただきます。
  • ・受賞作品が、既発表の事例と同一または酷似している場合、または第三者の知的財産権の侵害となる場合(応募後に侵害となった場合を含む)は受賞結果発表後であっても受賞を取り消す場合があります。
  • ・当選の権利及び副賞を第三者へ譲渡・換金・転売することはできません。副賞はぜひ応募者の方に使っていただきたいため、オークション等への出品もご遠慮ください。
  • ・発送先登録フォームを他の人に共有した場合、当選が無効となります。
  • ・景品表示法等の法令の規制により、同時期に実施する当社または第三者が実施するキャンペーンと重複して当選できない場合がございます。
  • ・抽選後に応募者が本応募規約に違反していたことが判明した場合、当選を無効とさせていただく場合がございます。
【本キャンペーン及び本応募規約の変更等】
  • ・本キャンペーン及び本応募規約は、副賞の内容を含め、予告なく変更・中止・終了することがあります。
  • ・本キャンペーン及び本応募規約の変更・中止・終了の効力は、本キャンペーンサイトに本キャンペーンの変更・中止・終了のご案内を掲載した時点または変更後の本応募規約を掲示した時点で全ての応募者に生じるものとします。
  • ・上記の変更・中止・終了により生じた損害については、当社の責に帰すべき事由がない限り、責任を負いかねます。
【その他】

本キャンペーン及び本応募規約に関する事項には日本法が適用されます。本キャンペーンに関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とさせていただきます。

3.個人情報の取り扱いについて

当社は、応募者からいただいた個人情報を、抽選、当選連絡、副賞の発送、お問い合わせへの返信等の当社が実施するキャンペーンの運営及び当社事業におけるより良い商品・サービスの開発のためにのみ利用させていただきます。
応募者の方からご提供いただく個人情報は、freee株式会社の「個人情報保護方針」に基づき管理し、運営上の連絡や資料の発送、関連する催し物のお願い、統計処理に利用いたします。
また、当該キャンペーンの運営の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合及び当社事業のために当社と共同して利用する当社の関係会社に提供する場合を除き、個人情報を応募者の承諾なく第三者に提供することはございません(法令等により開示を求められた場合を除く)。

4.お問合わせ

・本キャンペーンに関するお問合せ先はこちら
freee-business-cashless-award@freee.co.jp
(freee ビジネスキャッシュレスアワードの事務局)

※お問合わせの内容によっては、お返事を差し上げるまでにお時間がかかることがあります。あらかじめご了承ください。