調達できる金額が分かる、資金繰り管理
事業用クレジットカード

起業直後、個人事業主でも、
事業に合うクレジットカードを

発券実績1万枚!
業務効率化にfreeeカード

カード会社と事業用に共同開発
スモールビジネスの経営・経理に最適なfreeeカード

起業直後、個人事業主でも、事業に合うクレジットカードを

freee Masterカード

freee MasterCard*

  • 発券実績1万枚以上
  • 申し込みWeb完結、最短4営業日で発行。銀行口座を開設前でも申し込み可能(ライト)
  • 年会費無料
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査(入会可能か1秒診断を試してみる)
  • 事業に適した高い利用限度額

Webで今すぐお申し込み

詳細を見る

*現在は申込書類等では「freeeカード」または「freeeカードライト」と表記されています。

freee VISAカード

freee VISAカード

  • シェアNo.1国際ブランドのVISA
  • 条件により年会費無料
  • 事業用特典が豊富な三井住友カードが発行
  • 電子マネー、モバイル決済などの便利な機能

Webで今すぐお申し込み

詳細を見る

freeeセゾンプラチナビジネスカード

freeeセゾンプラチナ
ビジネスカード*

  • 最上級のサービスラインナップ
  • ご利用状況に応じた年会費優遇
  • 会計freeeのデータ活用による柔軟な限度額設定
  • 1,200ヵ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティパスが無料
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
次に遷移する株式会社クレディセゾンのwebページにて申込を完了してから、
当該申込にかかるクレジット契約を解約するまでの期間、クレジットカード
与信審査および契約締結手続に利用することを目的として、お客様の財務情報、
ユーザー情報等が、株式会社クレディセゾンに提供されることに同意します。

詳細を見る

*freeeセゾンプラチナビジネスカードは、freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードを示す名称です

事業用クレジットカードを
持つべき理由

経費処理を効率化できる

経費処理を効率化できる

プライベート用カードで経費を支払うと、後から個人の出費と事業用経費を分類するのが非常に面倒です。
また、従業員カードも使うと、従業員経費の仮払い、立て替え業務も効率化します。

請求書ファイナンス

資金繰りを改善できる

クレジットカードの大きな利点は、「後払いできること」です。
利用限度額が高い事業用カードを使えば、出金のタイミングを遅らせて、資金繰りを改善することができます。

事業用の特典が使える

税理士相談やオフィス特典、ラウンジ利用など事業者向けの特典が多いです。
また、複数のカードを持てば、それぞれの特典を利用できる上、限度額超えのリスクを避けられます。

スモールビジネスのために共同開発した
freeeカード

年会費無料で、最短4営業日で発行。
最低利用限度額も30万円以上**なので、すぐに事業用カードとして活用できます。

従来のビジネスカード freeeカード
年会費 有料 無料*
最低利用限度額 10万円 30万円**
申込み方法 紙の申込書 Web申し込み***
必要書類 決算書(2期以上)
登記簿、本人確認書類
本人確認書類のみ
発行までの期間 約2~4週間 最短4営業日で発行
*ゴールドなど一部カードは除く
**freeeをご利用していない場合、審査結果によっては10万円~になる可能性があります。
VISAの最低利用限度額は50万となります。
***ライトはWeb完結

freeeカードの読み物

freee代表 佐々木大輔のクレカ体験、カード審査の仕組み、
freee経理担当者によるクレカ活用法、実際の利用者の活用事例を紹介します。

事業用クレジットカードの基礎知識

事業用クレジットカードのメリットを理解し、経営に活用していきましょう。