「スモールビジネスに携わるすべての人が、 創造的な活動にフォーカスできるよう」

小さなビジネスであっても、運営していく上で必要な「難しいこと・面倒なこと・大変なこと」が数多くあります。 追いかけたい夢があって起業や独立をしても、経理、財務や給与計算などの作業や勉強に追われて、本当にやりたいことにフォーカスできないことが非常に多いのが現実。 大きな会社であれば、高価なシステムを導入したり、専門のチームを持つことができますが、小さなビジネスでは簡単ではありません。 一方で、小さなビジネスほど、新しいテクノロジーやソリューションを導入することの敷居も低いのです。 だからこそ、小さなビジネスにたずさわる誰もが、本当にやりたい創造的な活動にフォーカスできる、そして大企業よりも強くてかっこよくなれる、そんな環境を実現するのが、freeeのミッションです。 そうすることで、もっとワクワクする世の中が実現できるはずです。 このミッションを実現すべく、freeeは既存の考え方にとらわれないテクノロジーとサービス開発を追求し、クラウド領域、そしてFinTech領域を牽引する存在として、スモールビジネスにとって不可欠なビジネスプラットフォームとなり、世の中に大きなインパクトをもたらし続けます。

現在の取り組み

freeeは、ミッション達成のため、スモールビジネスの各成長段階をサポートするソリューションを提供しています。具体的には、スモールビジネスの誕生(=会社設立)から日常業務のサポート(経理業務と会計ソフト)、そして成長の支援(給与計算と従業員管理)を実施するソリューションを提供することで、あらゆるスモールビジネスに携わる方々に大きな価値を提供しています。 コアとなるプロダクト「クラウド会計ソフト freee (フリー)」は、スモールビジネス向けクラウド会計ソフトのシェア No.1 となり、個人事業主から数百人規模の中小企業まで大きな価値を届けています。 グッドデザイン賞を始めとする数々の賞を受賞する傍ら、シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタルやシンガポールの政府系ファンドなど、グローバルな有力投資家から高い評価を受け、2012年7月の創業以来、累計50億円以上の資金を調達しています。

バックオフィスの自動化と最適化

freeeはイノベーティブなプロダクトおよびサービスの提供を通じて、スモールビジネスのバックオフィス業務の自動化を実現します。さらに、ひとつのビジネスに携わるすべての人がコラボレーションするプラットフォームを提供することで、あらゆるスモールビジネスのバックオフィス業務を改善し最適化します。

freeeの追い求める成果

  • クラウド完結型社会の実現

    これまでビジネスのバックオフィスの現場では、行政の仕組みや法規制により、どうしても書面でのやりとりが必要になっていました。政府の電子化政策が変わる潮目にある今、freee はあらゆるビジネスがクラウドで完結できる社会「クラウド完結型社会」の実現にコミットします。行政手続きや、書類の保存などバックオフィスにおけるすべての部分において、 freee からクラウドで完結できることを目指します。
  • スモールビジネスを活性化するプラットフォームをつくる

    freee はクラウドテクノロジーの特性を活かし、あらゆるスモールビジネスがネットワーク化し、極限まで簡単にビジネスができるプラットフォームとなることを目指します。そして、スマートインテリジェンスにより、誰もが簡単に最適な経営ができる環境を実現します。
  • 日本における開業率の向上

    日本は、OECD諸国において最低レベルの開業率(全企業数に対する年間の新規会社設立数)を記録しています(5%程度)。しかし、日本を代表するあらゆる企業はかつてはベンチャー起業であったわけであり、新しく挑戦をするビジネスが増えることはすなわちイノベーションの可能性を大きく拡げます。先進国においてはイノベーションこそが成長の原動力であり、freeeはその最もベーシックなドライバーである開業率の向上に貢献します。
  • 先例をつくり未来をつくる

    事業を進めていくに際し、freeeは常に新しい挑戦を続け、前例や慣行にとらわれず、組織戦略やオペーレーション、財務や人事など事業運営のさまざまな分野において先駆けとなり、未来をつくる存在となります。
  • 世界レベルのクオリティー

    freee は、常に自分たちの提供する価値のクオリティを世界レベルでベンチマークし、世界レベルでのベストなクオリティを目指します。グローバルな投資家から出資を受けるなど、世界レベルでの切磋琢磨を大切にし、世界レベルで誇れるチームで、最高のクオリティを実現します。
  • 成長を信じること

    freee の成長はメンバーの成長によって実現されます。freee はユニークな組織であり、freee における成功は必ずしも別の組織における成功と相関しないかもしれません。だからこそ、ひとりひとりに無限の可能性があり、「メンバー全員が常に新しい自分と出会っていてほしい」これが freee の強い思いです。

freeeの価値基準

freee が常に大切にしている5つの価値基準です。強く、そして意思決定の早い組織であるために、freee らしい行動や価値判断を行うための要素が詰まっています。それぞれの価値基準には、覚えやすく愛着も持てるように皆で考えた”愛称”がついています。
  • 本質的(マジ)で価値ある ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする。
  • 理想ドリブン 理想から考える。現在のリソースやスキルにとらわれず挑戦しつづける。
  • アウトプット→思考 まず、アウトプットする。そして考え、改善する。
  • Hack Everything 取り組んでいることや持っているリソースの性質を深く理解する。その上で枠を超えて発想する。
  • あえて、共有する 人とチームを知る。知られるように共有する。オープンにフィードバックしあうことで一緒に成長する。

会社概要

会社名 freee株式会社
住所 東京都品川区西五反田2-8-1 五反田ファーストビル 9F
資本金 62億5619万円(資本準備金含む)
設立 2012年7月

アクセス

各線 五反田駅 徒歩3分
夜19時以降ならびに土曜日にお越しの方へ
夜19時以降ならびに土曜日にお越しの方は通用門よりお入りください。
自分の力で世の中を変えていきたいと考えている方、 わたしたちと一緒に働きませんか?