freee会計-固定資産管理

freee会計ひとつに
固定資産の管理を
丸ごとおまかせ

クラウド会計ソフト「freee会計」なら、
固定資産管理もクラウドでラクラク。
エンタープライズプランでは「複数台帳機能」や
「減損機能」も備えており、上場企業や
IPO準備企業の業務要件に対応しています。

freee会計なら固定資産管理もクラウドでラクラク

クラウド会計ソフト「freee会計」は、法人向け全プランに固定資産管理機能を内蔵。
複雑な固定資産管理も、会計からワンシステムで効率的に行うことができます。

  • 会計一体型のため
    常に仕訳と自動で紐付け

    固定資産登録と同時に会計へ減価償却費が自動反映することにより残高が一致。仕訳と固定資産情報を常に紐付けて管理(確認)できます。

  • クラウドで場所を問わず
    共同管理

    会計・税務・業務担当者全員が場所を問わず、複数人で管理が可能。どこからでも簡単に固定資産情報にアクセスすることができます。

  • AIによる入力補助で
    サクサク入力

    資産を登録する際、AIによる機械学習によって資産分類・償却方法が自動で推測。入力の手間やミスが削減できます。

上場企業、上場準備企業の業務要件にも対応しています

複数台帳保持可能

減損処理に対応

※エンタープライズプランのみ

直感的でわかりやすいUI

直感的なUIで、専門的な知識がなくてもご担当者様が簡単に入力できます。

IPO/IPO準備企業の業務要件に対応しています

※エンタープライズプランのみ

複数台帳に対応

取得した固定資産の耐用年数や償却方法が税法で求められるものと経済的実態が異なる場合、税務用と会計用の2種類のデータを管理する必要があります。

freee会計のエンタープライズプランでは、固定資産登録時に税務用と会計用の2種類の耐用年数・償却方法が登録できるため、freee会計ひとつでの固定資産管理が可能です。

複数台帳に対応

減損処理に対応

資産の収益性が低下したことによって、投資した額の回収が見込めなくなったとき、回収可能であると判断した金額まで固定資産の価値を減少させる必要があります。

freee会計のエンタープライズプランでは、減損処理に対応
また、耐用年数の短縮(加速償却)にも対応しています。

減損処理に対応