上場準備企業に
最適の内部統制システム
freee エンタープライズプラン

導入のご相談はこちら

03-6632-4575

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)

内部統制でこんな課題に困っていませんか?

システムの分断化によりミスのリスクが高まりやすい業務フローとなっている

債権債務管理はエクセル・紙が多く、管理が煩雑になっている

内部統制の構築のための型をもっておらず、なにが業務上リスクになりうるかわからない

業務フローが今までの慣習を踏襲しており、IPOを機会に業務フローや制度を見直したい

内部統制報告制度に対応した
業務フローを実現できる機能追加

予防的措置 ~アクセスコントロール~

ログイン→アクセス→使用項目制限・管理と全てのアクセスフェーズにおいてセキュリティを担保

予防的措置 予防的措置

アクセスコントロール強化

  • 部署・役職に応じた詳細な権限管理を実装。
  • 更に、特定IPアドレスからのみWebアクセスを可能とし、組織ネットワークのみの利用に制限。

整合性担保 ~インプットコントロール~

職務分掌に応じた権限・承認フローを構築することでデータの正当性と内部統制を強化

整合性担保 整合性担保

承認プロセスワークフローの拡充

  • 取引先、部門、品目等のマスタを統一
  • 支払、見積・請求書発行、稟議などの各種ワークフロー機能をリリース。承認プロセスの証跡を残し、内部統制を強化

発見的措置 ~モニタリング~

システム内のあらゆる挙動を記録し、異常な動きを常時モニタリング

発見的措置 発見的措置

監査ログ等への対応

  • システム管理基準追補版を基に、ログ機能を実装
  • アクセス記録のモニタリングを行うことで、異常なアクセスをトラッキング

金融機関と同等レベルのセキュリティを構築

  • データは暗号化、復号鍵を分け、一般のネットワークからアクセスできない場所に保存
  • 常時監視を行い、仮にハッキング攻撃があっても、すぐに検知、対策が可能
  • 利用しているamazonのサーバーは米国連邦機関やEU加盟国の政府金融機関も採用

  • 暗号化通信

    通信は、金融機関レベルの256bit SSLを利用しています。

  • 暗号化保存

    ウェブ口座情報は、暗号化して保存しています。

  • ファイアウォール

    機密度の高い情報は、ファイアウォールによりインターネットから隔離して保存しています。

  • 認証(TRUSTe)

    国際的な認証でもあるTRUSTeによる認証を取得しています。

  • バックアップ

    データは自動でバックアップしています。また、分散化により災害や盗難時にも安心です。

  • McAfee SECURE

    徹底したセキュリティスキャンに合格していることを示すMcAfee SECUREを表示。

国際基準の
セキュリティ評価 
- SOC1 Type1 報告書 -

米国公認会計士協会(AICPA)が定める米国保証業務基準書第18号(SSAE18) 及び国際会計士連盟(IFAC)が定める国際保証業務基準3402(ISAE3402)に準拠した、「サービス・オーガニゼーション・コントロール1(SOC1) Type1 報告書」を受領しています。

今回の受領により、「クラウド会計ソフト freee」を利用されるお客さまは、報告書を利用することで内部統制の評価を効率的に行うことができるようになります。

「SOC1 報告書」は、監査法人または公認会計士によって評価される、国際基準のセキュリティで内部統制を実現しているという報告書です。「Type1」は、関連する業務における内部統制のデザインの適切性について基準日に検証した結果を記載したものです。
上場準備企業などに適した効率的かつ透明性の高い内部統制システムを提供しています。

専用サポートデスク/システム強化

  • 監査対応で必要な書類(freee社内の管理状況など)の提供・監査人往査への対応(別途有償)
  • 仕訳データインポート時の上限値拡大

特に導入をおすすめする企業様

  • 上場企業様
  • 上場準備・急成長の企業様
  • 複数拠点をお持ちの企業様
  • 月次決算の早期化希望の企業様
  • 人事労務、給与計算の見直しを希望の企業様
  • 経費精算などフロントオフィス含めた生産性向上をご検討の企業様

導入のご相談はこちら

0366324575

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)