• HOME
  • 事例紹介
  • 「離島」というハンデをfreeeが解消してくれました

「離島」というハンデをfreeeが解消してくれました

居酒屋よりみち 鈴木 様

業種

従業員数

利用サービス

伊豆大島で居酒屋を経営しています。

freee導入のきっかけ

freeeはコストを大幅に削減してくれました

離島である伊豆大島には税理士事務所がほとんどなく、私の知り合いの多くは東京の税理士と仕事をしています。そうすると、経理のチェックをしてもらうだけでわざわざ伊豆大島まで足を運んでもらい、こちらも交通費や宿泊費を払うことになる。とてもコストがかかるわけです。

その点、freeeはそのコストを大幅に削減してくれました。まず、操作がカンタンでわかりやすいので、自分で多くの記帳作業が済むようになりました。開業当時は他の会計ソフトを利用していたのですが、入力項目がやたらと多く、何をしていいかもわかりませんでした。そこでたまたまネットで見つけたfreeeを無料で試してみたら、すごくわかりやすくて驚きましたね。

地方の方にぜひおすすめしたい

また、いざ税理士さんにチェックしてもらうときも、クラウドなのでとても楽。実は、担当してもらっている税理士さんとは、まだ実際にお会いしたこともありません。同じ画面を違う場所で共有できるから、その必要がないんですね。

時間的にも金銭的にもコストが削減できたおかげで、お店の宣伝をしたり、お客さんの送迎サービスを始めたりなど、いろいろなことができるようになりました。

離島とか山間部のような地方は事業をやる上でいろいろなハンデがあると思うんですけど、freeeを使えば、少なくとも経理事務におけるハンデは無くなったと感じています。地方で事業をやられている方には、ぜひおすすめしたいですね。