これだけ簡単に確定申告ができるのは freee(フリー)だけ

株式会社 Green romp 葛城様

課題
複数人・複数拠点で経理データを共有

「Green romp(グリーンランプ)」というベンチャー企業で CFO を務めています。弊社は、「Arrow(アロー)」という匿名SNSや、オンラインでのファッションコーディネートサービス、「bemool(ビモール)」などを運営するWeb系企業で、他にも数多くの事業を手がけています。前職では監査法人に勤務していましたが、大きな裁量で事業そのものに携わりたいということで、今の会社にジョインしました。肩書きはCFOとありますが、メンバーは自分含め3人なので、実際には経営から営業まで全て担当している感じです。

導入の効果

freee(フリー)を利用してはじめての確定申告

     

freeeを知ったのはちょうど1年程前のことです。自分の兄が弁護士で、個人事業主として毎年確定申告をしているのですが、兄は「自分でするのは大変そう」という理由で、全て税理士さんに任せていました。

しかし、freee の存在を知って、「これなら自分でも簡単に確定申告できるんじゃない?もし会計のことで分からないことや難しいことがあったら、俺が手伝うから」という旨を兄に伝えた結果、昨年度の確定申告を自分たちだけで行うこととなりました。



クラウドなので、離れて暮らしていても協業が簡単

お互いに作業を分担し、ある程度作業が進んだら、「時間がある時にログインして中身を確認しといてくれない?」と伝えていました。freee はクラウドソフトなので、作業内容の共有・コミュニケーションをとることが簡単でした。これのおかげで、作業の漏れや、仕訳の作成ミスを防ぐことができたと思います。

また、インターフェースが非常に簡単にできていて、会計知識のない兄でも、全くストレスなく使うことができたようです。私は他の会計ソフトも使用したことがありますが、他のソフトは簿記2級程度の知識を必要とするものが多い気がします。その点、freee は会計初心者でも違和感無く使える点が魅力的だと感じました。

確定申告自体は、やってみると思ったより簡単で、自分でやるとコスト面でお得感を感じます。なので、周りで「確定申告面倒くさいなー」と言ってる友人がいたら、「とりあえずfreee使ってみなよ」と薦めまくってます(笑)。



freee(フリー)で時間を大幅に節約して、本業に集中

昨年度の確定申告で気に入ったので、Green romp でも、法人アカウントで使用しています。

1回利用した経験があるので、ポイントは結構つかんでいるつもりです。とにかく早めにクレジットカードや銀行口座を自動同期させて、手作業を減らすことが大事だと思います。自分は一番最初にその作業をしました。

そうすることで、月々の作業を極端に減らすことができ、弊社でいうと、経理作業には月間で1時間程度しか割いていません。そうして節約した時間をサービスの開発などの本業に充てることが出来るのが、freee 導入の最大のメリットかなと思います。