30年の会社勤めを経て起業 会社設立も決算もfreeeに託し理想を追求した商品開発に専念

だしラボラトリーズ合同会社
代表 大隅雄一様

課題
初心者でも経理や労務を簡単に

だしラボラトリーズは、鰹節と昆布が本来持つ風味を家庭で再現できる粉末だし「まるごとだし®」を開発販売する食品メーカー。代表の大隅様は、大手食品メーカーでの約30年の会社員時代を経て独立起業しました。自らのコア業務を開発と定め、それ以外の業務は徹底的に効率化。会社設立freeeとクラウド会計ソフトfreeeを活用し、「本当のおいしさを家庭に届けたい」との想いの実現に邁進しています。

だしラボラトリーズについて

食品・香料メーカーでの経験を活かして一人で起業



大手食品メーカーと香料メーカーでの会社員生活を経て、一人で食品メーカーを設立しました。自社のホームページやECサイトで、食塩・添加物無添加粉末だし「まるごとだし®」を販売しています。


もともと自然が好きだったので、大学では農学部で生物の研究をしていました。自然のことを知れば知るほど、実に精巧で奥深いものだと実感しました。食品メーカーでは商品開発や生産管理、技術営業、ペルー駐在で現地向けの商品開発などを経験。香料メーカーでは開発部長を務めました。会社員時代にはさまざまな食品や香料の開発に携わりましたが、自然にある本物の味や香りを完璧に再現することは本当に難しいんですよね。


完璧な再現が難しい理由は、アプローチの違いにあります。たとえば、食品添加物の商品開発では「分析して、組み立てる」アプローチをして、いかにして効率よく美味しく作るかを追求します。このアプローチだと、標準化された原料を組み合わせて作る過程を経るうちに、自然の成分はどうしても失われてしまいます。


職業柄、美味しい食事をいただく機会に恵まれていたのでいろいろと食してきました。やはり自然の風味がダイレクトに伝わる料理は優しくて、美味しいんですよね。30年以上の会社勤めで開発や生産管理、営業といった一通りの業務を経験していたので「これまで培ってきた経験を活かして、天然素材の持つ本当のおいしさを家庭に届けたい」と思うようになり、自由に実現するために独立して食品メーカーを立ち上げました。

会計freee導入前の経理業務 / 会計freee導入のキッカケ

設立freeeで5分で会社設立。コア業務以外は徹底的にアウトソース

設立前から、最初に出す商品は「だし」にしたいと決めていました。忙しい日々を過ごす多くの方は、丁寧にだしをとって調理する時間も余裕もなかなか持てないのではないでしょうか。だし本来の豊かな味わいを今の家庭で楽しむのは難しいかと思います。そうした背景を踏まえて、私は「最新技術を活用して自然の味をそのまま届けられれば、今までの市場にない価値を提供できるだろう」と考えたのです。実現する手段についても目処は立っていました。


ただ、万一のことを考えるとできるだけ身軽な状態でチャレンジした方が安心です。そういった理由もあって、自宅でひとり起業する道を選びました。自分のコア業務とする経営と商品開発は自宅でできますから。開発も精密天秤や調温機などの機器を購入して自宅の一室で行なっています。


コア業務以外は、徹底的にアウトソーシングするように仕組みを整えました。原料調達や生産管理などの製造ラインは、会社員時代から付き合いがあって信頼できる全国各地の委託先に依頼しています。販売や物流はECサイトを利用しており、私がやることは製造ラインに製造依頼とE倉庫への納入依頼をするのみ。あとはECサイトが受注、発送してくれます。


会社設立手続きも、できるかぎり低コストで効率よく終えたいと思っていました。良い方法がないか考えていたところ、あるビジネススクールでfreeeが斬新なアイデアで急成長中の会社として紹介されていたことがきっかけで、設立freeeというサービスを知りました。調べてみると、設立freeeを使えば会計士など外部の方に依頼する必要もないとのこと。これなら簡単にできそうだと思って実際に設立freeeを使って手続きをしたら、5分くらいで完了しました。ちょっと拍子抜けするくらいの早さでしたね。


設立freeeを使った経緯があるので、自社で使う会計ソフトの選択肢は必然的に会計freee一択でした。会社設立も会計も、まるごとセットで対応できたのはありがたかったです。

会計freee導入後の効果

freeeで固定費を抑えた分、販売やマーケティングにも投資できる

家計簿として他社のクラウド会計ソフトを使っていたので、クラウド会計ソフトを使うことに対する抵抗は特になかったです。むしろ合理的に経理業務ができるメリットが大きいと感じていました。クラウドサービスはパソコンがあればどこでも使えますし、システムメンテナンスをする必要もないので、従業員が一人の会社でも気軽に導入できるのもいいですよね。ECサイトや銀行などとも連携させて、効率よく経理業務ができるようになりました。


実際に会計freeeを使ってみると、仕訳が簡単にできたて本当に便利だと感じました。特によく確認している数字は製造原価なのですが、個々の取引金額はスマホで撮影したレシートを取り込めば自動入力されるので助かっています。試行錯誤しながら処理していますが、もし間違えた処理をしていたらP/LやB/Sの数字に表れるので、きちんと月単位で整合性がとれていることを確認できます。


会計freeeを使った経理業務は、私にとっては会計を学べる良い機会になっています。会社が小さいうちに自らの手で経理業務をしていると、会計に対する理解が深まりますし、自社のお金の流れがより具体的に見える効果もあります。


製造業務委託と会計freeeのおかげで固定費を削減した分は、商品開発だけでなく、販路の拡大やマーケティング活動に充てることができました。たった一人のメーカーだと、限りある資源をいかに有効活用するかは重要なテーマとなりますから、会計freeeの導入は極めて合理的な選択だったと思います。

今後の展望

「自然のやさしい味が優しい人をつくる」と信じて、さらに商品を増やしたい

「自然の味を家庭で再現できる商品をつくりたい」という想いは数十年前から持っていたのですが、起業するタイミングとしては今がベストでしたね。大手メーカーにいたからこそ幅広い知識や経験を得られましたし、30年の会社員時代を通じてさまざまな人と出会うことができました。若いうちに起業していたらこうした武器は使えなかったはずです。


それに加えて、今では設立freeeや会計freeeなど便利で気軽に使えるITツールが豊富にあります。ITツールがなかった時代に比べたら、やりたいことをより早く、より合理的に実現しやすくなったのではないでしょうか。やりたいことを明確に持っている人にとっては、少ないリスクとコストで簡単に起業できる設立freeeや、コア業務への集中をサポートする会計freeeは非常に心強い存在になると思います。


当社で出す最初の商品として、鰹節本来の豊かな味と香りを家庭で簡単に再現できる「まるごとだし®︎」を発売してから、ようやく1年が経ちました。「まるごとだし®︎」は、自分がやりたいことと世の中のニーズが合うと信じて1年かけて開発した商品です。ただ、「食塩・添加物無添加で鰹と昆布の栄養を丸ごといただける粉末だし」という新ジャンル、かつ市販品と比べて高価格帯の商品が果たして市場に受け入れられるのかといったプレッシャーもありました。


実際には、リピート購入される方や友人に紹介してくださる方も着実に増えており、きちんと市場に受け入れられている手応えを持っています。今後はさらにターゲット層のニーズに合わせたマーケティングを展開したいと考えています。


ゆくゆくは「最新技術を活用して素材本来の豊かな風味をそのまま届ける」というコア技術を応用して、新しいラインナップも増やしていくつもりです。私自身「自然のやさしい味が優しい人をつくる」と信じているので、自分がやりたい事業を通して、穏やかで調和がとれた社会づくりに貢献できたら嬉しいです。



事業紹介

サイトURL:http://dashilabo.com/
住所:東京都港区芝浦1-6-41-3122
Tel:03-4405-6763

「天然素材の持つ本当のおいしさを技術で食卓へお届けし、豊かな食生活に貢献する」「常にお客様の満足を第一に考える」を企業理念に掲げて2016年12月に設立。2017年12月、自然の風味をそのまま家庭に届ける食塩・添加物無添加粉末だし「まるごとだし®」を発売。確かな技術にもとづいた本当に良い商品を開発し続けている。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!