• HOME
  • 事例紹介
  • 税理士さんを説得して、freeeに対応してもらいました

税理士さんを説得して、freeeに対応してもらいました

有限会社 アントリー 代表取締役 藤崎 様

従業員数

利用サービス

有限会社 ANTRY(アントリー)は大阪、和泉市にある古い織物工場を改装した店内で、「暮らし」をキーワードに家具、雑貨・日用品道具、洋服を販売するライフスタイルショップを運営しています。

freeeの導入を税理士さんにお願いしました

10年以上使ったパッケージ型会計ソフトから乗り換え

会社を始めてから10年以上、税理士さんと一緒にパッケージ型の会計ソフトを使って経理を行ってきました。こちらのソフトには多くの機能が用意されており、一定規模以上の会社にはよいと思いましたが、私達の会社のニーズを考えると少しオーバースペックだと感じていました。

そんなときに比較的小さい会社でも使いやすい、クラウド会計ソフトのことを知り、導入の検討を始めました。顧問税理士さんと一緒に、いろいろなクラウド会計ソフトを試しましたが、最終的には操作画面の分かりやすさや、サポートの手厚さからfreeeを選びました。

その時点で、顧問税理士さんはfreeeに対応していなかったのですが、どうしてもfreeeを使いたかったので、お願いしてfreeeの認定アドバイザーになっていただきました。

年間数十万円のコストカットができました

パッケージ型ソフトからの乗り換えで、年間数十万円のコストカット

もともと使っていたパッケージ型のソフトから乗り換えたことで、年間数十万円のコストカットにつながっています。また、クラウドなのでデバイスを選ばず、どこでも作業できるのもありがたいですね。

経理の時間が短縮。会社の数字もずっと把握しやすくなりました

freeeが銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込んでくれるため、金額や品名などを入力する手間もなくなりました。結果として経理にかかる時間も短くなっています。また、収支などの会社の数字も、freeeのレポートでずっと直感的に把握できるようになりました。