freee お客様事例トップに戻る

freeeを使うことで経営者が数字に興味を持つようになりました

武久税理士事務所 税理士 武久国壽様

freeeを使うことで経営者が数字に興味を持つようになりました

freeeを使うまでは、経営者自信が試算表の数字をみても、自社のことなのになぜか他人事のような感じだったのです。
freeeを使うことでリアルタイムな数字を把握することが出来るようになり、経営者自身が自社の数字に対して興味を持つようになりました。

freeeを知ったきっかけを教えてください

お客様にもっと数字に対して関心をもってもらいたい。

もともと、経営者自身に自社のリアルタイムな数字を把握していただきたいと思っていました。
しかし、こちらで1ヶ月に1回証憑をお預かりして何ヶ月か先に試算表をお出しするという流れだと、自社の数字なのにも関わらず、何故か経営者が数字を他人事のように捉えてしまうんですね。
そのため、何か経営者自身が数字に関心を持てるような、比較的ハードルが低い会計ソフトはないかと検討していました。そんな時に出会ったのがfreeeです。

数字に興味をもってもらうためにもお客様に自計化してもらいたいという思いはずっとありました。
自動で経理ということで簿記の知識がない方でも簡単に始められるというコンセプトを見たとき、これを使えばもっと数字がお客様にとって身近になってくれると直感しました。

認定アドバイザーになって何か変わりましたか?

事務所として一つアドバンテージになった

非常にありがたいことに、認定アドバイザーになってからはホームページ、freeeからの紹介など、問い合わせがどんどんきました。
お客様はフリーに興味はあるのに、クラウドに対応していない会計事務所がまだ多いです。
freeeを扱える会計事務所のニーズは確実にありますし、今後もどんどん増えていくと思います。
freeeの認定アドバイザーになっただけで、他の会計事務所さんに比べ一つアドバンテージになったと感じました。

freeeを導入してみての感想

ATMのような感覚で操作できて楽しいというお客様の声

何回か入力の方法を教えるとATMのような感覚で操作できて、使えば使うほど便利になっていく。とてもカンタンに操作できるので入力作業するのが楽しいというお客様からの声を多く頂きます。
お客様が自分で入力したものなので、次のステップとしての結果にお客様自身が興味を持つようになり、お客様との対話がスムーズに進むようになりました。
freeeを導入した際もfreeeのサポート体制がしっかりしていて、何か質問してもすぐに返事を頂けたため、特に支障をきたすことはありませんでした。

今後の展望

より付加価値の高いコンサルティングへ

freeeを使って一人でも多くの経営者に自社の数字に興味を持ってもらいたいと考えています。
freeeでまず自計化してもらい、そのうえで単に過去の決算書をみるのではなく、五年後、十年後先の経営について考え、より付加価値の高いコンサルティングに力をいれていきたい。
単に帳簿をつくる、決算書をつくる税理士で終わるのではなく未来をお客様と描き、10年、20年一緒に成長し続けられる関係性を創りたいと考えています。

  
武久税理士事務所

事業内容 会計事務所
住所 福岡市中央区六本松3丁目11-25谷口ビル403
URL 武久税理士事務所
印刷用のページを見る