freee お客様事例トップに戻る

会計事務所の新しいビジネスモデルの構築へ

髙敏晴会計事務所

会計事務所の新しいビジネスモデルの構築へ

freeeを利用することで、従来まで非常に時間のかかっていた記帳業務を大幅に効率化することが出来ました。その効率化した時間の代わりに、記帳のみではなく顧問先のバックオフィス業務全般を引き受ける「経理代行」という会計事務所の新しいビジネスモデルの構築にチャレンジしています。

freee導入のきっかけ

freeeのコンセプトに共感

顧問先にExcelで表を作ってもらってそれを会計ソフトに入力するといったように、会計事務所が単に大量の取引を効率的に入力するだけの存在になっていることに元々疑問を抱いていました。

そんな時に、freeeではそもそも全てのフローの中で入力は1回だけ、といったように入力業務を極力減らすコンセプトの元で開発されていることに共感し、これは便利だと思い認定アドバイザーとして登録しました。

実はリリース直後からfreeeは知っていまして、その開発スピードの速さにはかなり驚いています。こういった機能が欲しいなと思っている間に、新機能のお知らせという通知がfreeeから来ます。そのため今freeeに希望する機能がなかったとしても、どんどんfreeeは良くなっていくという安心感があり、その将来性にも期待しています。

freeeを実際に導入してみての成果

専門家自身も本業にフォーカスできるように

従来まで人がやっていた単純作業をfreeeで効率化させることが出来たため、専門家が本来やるべき経営アドバイスといったような業務に時間を割くことが出来るようになりました。そういった意味で、専門家自身も本業にフォーカス出来るようになったといえます。

また、会計事務所は会計データという素材を使って、いかに事実に基づいた経営アドバイスをすることが出来るかが重要だと考えています。

freeeはクラウド会計ソフトになるため、会計データという素材を常にリアルタイムで整備し、顧問先様へレポーティングすることが可能です。経営への付加価値提供という意味でも顧問先様には非常に満足いただいています。

写真

今後の展望

「経理代行」といった新しいビジネスモデルの開拓へ

前述の通り、従来まで時間のかかっていた「記帳業務」を非常に効率化することが出来たため、その一歩上をいく「経理代行」という会計事務所の新しいビジネスモデル開拓にチャレンジしたいと考えています。

今までは、バックオフィス業務全般のうち主に「記帳」部分を会計事務所が引き受けていましたが、顧問先様の視点で考えると本来的にはバックオフィス業務全般を会計事務所に外注出来ることが理想だと思います。

顧問先様にとってもバックオフィス業務全般を会計事務所に任せることで身軽になりますし、会計事務所としても「記帳代行」の1歩上の「経理代行」という新しいビジネスモデルを構築出来るため、お互いWIN-WINの関係になれると思っています。

髙さん

【取材協力】 髙敏晴会計事務所

公認会計士・税理士・医療経営士 髙敏晴様

印刷用のページを見る