freee お客様事例トップに戻る

freeeの導入で複数事務所の数字をタイムリーに把握できるようになりました

有限会社 ASYM 取締役 中原 様

複数拠点の数字を
タイムリーに把握

従業員数・事業所数が多く、以前より各拠点の数値の集計に時間を要していました。クラウド型の会計ソフトfreeeを導入することで領収書や請求書などの紙のやり取りがなくなり、タイムリーに全社の数値の把握が可能になりました。結果、経理の効率化に加え経営判断のスピードが格段に速くなりました。

税理士さんに丸投げしていた経理を自社で

数字の把握に数ヶ月かかるのを解決したかった

以前は各拠点から領収書や請求書を本社に郵送し、それを本社のスタッフが集計、その後税理士さんに作業をお願いするという経理プロセスを取っていました。そのため最終的に全社の数字がまとまるまでに数ヶ月の時間を要し、タイムリーな経営判断が難しい状況でした。

freee で紙の郵送が必要なくなり、タイムリーに数字を把握

freeeを導入してからは自動同期やファイルボックス(領収書管理機能)を利用することで紙の郵送が必要なくなりました。また、銀行口座を同期し、リアルタイムに各拠点の数字が入ってくるため、全社の数字がタイムリーに把握できるようになりました。

自動作成されるレポートで売上予想が可能になった

freeeでは登録されたデータを元に、資金繰りレポートを始めとする各種レポートが自動で作成されます。これらのレポートから売上予想が可能になり、経営判断に大きく役立っています。

経理未経験でも使える会計ソフト

経理スタッフ2名はまったくの経理初心者でした

弊社の経理担当は他業務と兼務の2名体制です。2名とも経理の経験はありませんでしたが、freee認定アドバイザーの税理士さんにskypeで数回指導していただき、すぐに使いこなせるようになりました。

遠隔地の税理士さんに監査をお願いしています

freeeはクラウド型の会計ソフトなので、遠隔にいる税理士さんとの共有も簡単です。弊社は長野県を拠点にしていいますが、東京の税理士さんに監査までお願いしています。修正点なども freeeにコメントを入れていただければメールで通知が来るので、お互いのペースでやり取りができています。

請求書はfreeeで作成。二度手間はありません

freee で請求書をつくっておけば売掛金の入力まで終わります

請求書は全てfreeeで作成しています。会計ソフトの一機能として請求書作成機能がついているのはとても助かります。freeeで請求書を作成すると、自動的に売掛金として仕訳が切られる、あとは入金を待つだけなので、転記にかかる手間が短縮されました。

複数事務所の数字をタイムリーに把握
有限会社 ASYM
有限会社ASYMは、自動車等の工場での検査・組み立て支援やweb制作など多角的な事業を行っており、現在創業13年、従業員は150名ほどの会社です。
設立年 2002年
業種 製造業
WEB製作
従業員数 150人
年商規模 5億円
顧問先 屋税理士事務所
屋 倫平 税理士
印刷用のページを見る