プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2017年5月度 新機能のお知らせ

「支払依頼」で自社内のワークフローを見える化

freee エンタープライズプランが支払依頼に対応しました。

支払依頼は、請求書の支払いをfreee上で簡単に経理担当者に依頼することができます。どのステータスにあるのかをひと目で管理することができるほか、承認された取引の振込みが完了したら、支払依頼の申請データを使って会計データに記帳することができます。

支払依頼から会計データ作成までををワンストップで管理することができる「支払依頼」で、経理を効率化しましょう。

 

請求書の発行画面を大幅リニューアル

来月 6月上旬に、請求書・見積書・納品書の作成画面をリニューアルします。

入力項目を整理し、書類のレイアウトそのままの画面で、書類に必要な情報すべてがこの画面一つで入力でき、入力した項目が自動保存されるようになります。移行期間中は、現在の画面と新しい画面を自由に切り替えられる予定です。

新しいfreeeの請求書、どうぞご期待ください。

 

最大8,000円相当お得に
ペイパルキャンペーン【PR】

5月31日までの期間中、ペイパル決済かつ年額でのお支払いに切り替えると、年額有償プランの有効期限が14ヶ月に延長されます。

 

その他のリリース情報

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2017年4月度 新機能のお知らせ

交通費精算freee.png
交通費精算専用アプリをリリース

 

交通費精算に、手計算や転記作業はもう必要ありません。

交通系ICカードをかざすだけで交通費精算ができる「交通費精算 freee」をリリースしました。対応しているAndroid端末*にICカードをタッチするだけで、Suica、PASMO、ICOCAなどの交通系ICカードの利用履歴を読み込み、そのままfreeeで経費精算を申請することができます。

NFCを搭載したAndroid端末に交通費精算freeeアプリをインストールし、NFC機能を有効化した状態でICカードをかざし位置にかざしてご利用ください。

 

(*)アプリはどなたでもご利用いただけますが、交通費精算を申請するためはfreee ビジネスまたはエンタープライズプランへのご登録が必要です。

 

住信SBIネット銀行と振込連携を開始

住信SBIネット銀行と振込データ連携を開始しました。 freeeとインターネットバンキングを連携しておくと、freeeの買掛レポートから振込依頼が可能になりますので、総合振込ファイルのダウンロードや銀行側へのアップロードといった作業が不要になります。

対応行は今後も増やしてまいりますので、どうぞご期待ください。

(*)現在はキャンペーン期間となり、すべてのプランでご利用いただくことができます。

給与計算で複数締め日/支払日に対応

 

給与計算freeeが、複数の締め日・支払い日があるケースに対応しました。締め日・支払い日の組み合わせは、締め日支払い日グループとして複数指定することができ、そのグループ毎に給与規定の「休日と勤務時間」および「割増賃金」を設定することができます。

これにより、雇用形態によって締め日や支給日が異なるケースに対応することができます。

 

その他のリリース情報

 

 

プレスリリース情報

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2017年3月度 新機能のお知らせ

 

新プロダクト:人事労務freeeを発表

人事労務 freeeは、数人の新設法人から500人規模の中堅規模まで対応する予定となっています。労務手続きや勤怠管理など、いまある機能をさらに強化し、複雑化する人事・労務の業務フローを効率化していきます。

資料をご希望の方は、こちらから事前登録にお申込みください。

 

その他のお知らせ

 

 

freee プレスリリース

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2017年3月度 freee新機能のお知らせ

上場企業も安心
freeeが内部統制に対応
freeeblog_cap2

会計 freee が 内部統制に対応した新プランの提供を開始しました。

エンタープライズプランは 経済産業省より公表されている「システム管理基準追補版 追加付録」に準じていますので、創業から上場企業・上場準備企業様まで、どの成長フェーズでも、同じソフトだけでご利用いただくことができます。

領収書の作成・請求書類の0円行に対応
freeeblog_cap1

現金払いの際にお渡しする領収書を、freeeで出力できるようになりました。領収書を作成すると、「売上高を現金で受け取った」という会計データを自動で登録しますので、経理業務も効率化できます。

また、ご要望が多かった請求書類の0円行に対応しました。取引内容(納品した商品やサービスの内容)が1つしかない場合の0円行の差し込みは、見積書/納品書/領収書のみ対応しています。

会計freee リリース情報
その他のお知らせ
プレスリリース

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

2017年2月度 freee新機能のお知らせ

 

スマレジとの連携に対応

1-1-1-
iPadなどのタブレットを利用したクラウドPOSレジ「スマレジ」とのAPI連携に対応しました。
売上情報を会計ソフトに転記する手間を省くことができるほか、複数店舗管理に対応しており、店舗毎の管理をクラウドで完結させることができます。(店舗データはfreee内で部門として連携されます。)

取引先の設定がカンタンに

2
取引先設定の画面、法人番号や住所から取引先情報を検索できるようになりました。
これにより、取引先の会社名や住所の入力の転記ミスをなくしたり、手入力の作業を削減することができます。

従業員の検索が可能に
会計freee リリース情報

 

 

給与freee リリース情報

 

 

お知らせ・プレスリリース

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

freeeの取引ネットワーク推測でつくる新しい業務プラットフォーム

取引ネットワーク推測とは?

この度、会計 freee(フリー)において、取引ネットワーク推測をリリースいたしました。情報公開を許可している企業同士が、よりfreeeを活用できるしくみのことで、スマート請求書に続く「freeeが目指す企業間取引プラットフォーム」施策の第2弾となります。

 

スマート請求書をサジェスト

取引先が freee を利用している場合、請求書の画面でサジェストされるので、スマート請求書を選択しやすくなりました。

スマート請求書推測.png

 

取引先設定がカンタンに

取引先が公開している、会社名と住所を使って、freeeへの取引先設定がカンタンにできるようになりました。

会社名推測.png
取引ネットワーク推測 Q&A

Question.png具体的にどのようにすれば使えますか?
Answer.png自社の会社情報を他のfreeeユーザーに公開する設定にしましょう。
公開設定がされている取引先について、スマート請求書がサジェストされたり、名前・住所の登録をカンタンに行うことができたりします。

Question.pngすべての会社情報が見られるようになりますか?
Answer.png現在は、会社名と住所のみが公開設定の対象になります。
公開設定している事業所と一致していると推測される取引先は、一覧画面でfreeeのアイコンが付きます。

Question.png取引ネットワーク推測は誰でも使えますか?
Answer.png無料プラン以外のすべてのプランで利用できます。
取引ネットワーク推測が利用できるプランへの変更はこちら。

 


 
freee(フリー)は、今後も、ユーザー同士が繋がることでさらに効率化が可能となるサービスの提供を進めてまいります。
 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

freeeサポートデスク 確定申告期の営業時間延長のお知らせ

日頃、会計freee をご利用いただき、誠にありがとうございます。

2017/2/16(木)~ 2017/3/15(水) は、個人事業主のお客様へのサポート時間を延長し、土日祝日も営業します。詳細はこちらからご確認ください。

サポート営業時間

また、確定申告提出期限(3/15)の直前はサポートデスクが大変混み合うことが予想されます。お急ぎのご質問は、お時間に余裕を持ってお問い合わせいただきますようお願いいたします。チャットでお問い合わせの際は、チャットサポート混在傾向カレンダーで混雑傾向をご確認いただけますので、併せてご利用の上、お早めにお問い合わせください。

どうぞよろしくお願いいたします。

freeeサポートデスク


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2017年1月度 新機能のお知らせ

 
こんにちは。クラウド会計ソフトfreee 嶋田です。

2017年もみなさまに価値あるサービスを提供してまいりますので、本年も freee(フリー) をどうぞよろしくお願い申し上げます。
それでは、1月度のfreee 新機能情報をお届けいたします。
 

支払調書の作成画面を刷新

SS 2016-12-28 14.06.34.png
支払調書のインターフェイスをリニューアル。対象となる取引を一覧表示しますので、漏れなく支払調書を作成できるようになりました。光ディスク提出用にCSVにエクスポートすることもできます。

また、平成28年1月1日以後に支払の確定する報酬等に係る支払調書から、マイナンバーの記載が必要ですが、freeeはマイナンバーの登録・印字にも対応しており、本人控用にマイナンバーなしで支払調書を作成することも可能です。

 

CREW CHECKERのインポートに対応


勤怠管理サービス「CREW CHECKER」の勤怠インポートに対応しました。CREW CHECKER側でエクスポートした勤怠データ(CSV形式のファイル)を、そのままfreeeにインポートすることができます。

 

年末調整の電子申告に対応

SS 2017-01-04 2.08.39.png

freeeが、年末調整の電子申告に対応しました。こちらはfreee対応の税理士の方(認定アドバイザー)向けの機能とはなりますが、数クリックでカンタンに電子申告が完了したり、会計事務所側でのマイナンバーの取り扱いが不要となります。

今後も、より多くの税理士の方へfreee導入を促進し、スモールビジネスにおけるクラウド化率の向上に貢献してまいります。

 

リリース・お知らせ

 

freee プレスリリース


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年12月度 新機能のお知らせ

 

大量の証憑を”自動”で画像解析
1473097228pG9RQH77mj8ZJV31473097131.gif

大量の証憑を効率的に登録できる「スキャンで経理」が、OCRと呼ばれる画像認識と、画像へのコメント入力に対応しました。

入力が溜まってしまった証憑をまとめてfreeeに取り込むだけで、画像に書いてある内容をfreeeが文字として自動推測します。推測された内容と取り込んだ画像を並べて見ながら、あっているかを確認していくだけで記帳が完了します。

たくさんの証憑も、手入力の頻度をできるだけ減らすことで、効率的に登録していきましょう。

 

nanacoの入金に対応

 

これまでは出金情報の登録にのみ対応していたnanacoカードで、入金明細が同期できるようになりました。チャージなどの入金情報が取り込めるようになったことで、freee上で残高を確認することができます。

 

iOSアプリ リニューアル

 

iOSモバイルアプリ バージョン2.3.7がリリースされました。「自動で経理」で登録した取引を編集出来るようになったほか、口座詳細画面で、現金などの登録残高が表示されるようになりました。

 

リリース・お知らせ

 

freee プレスリリース


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年11月度 新機能のお知らせ

 

NEW 受取請求書の新しい管理法

メールで受け取った請求書も、あなた専用の登録メールアドレスへ転送するだけで 、freeeにログインせず登録できるようになりました。月末に溜まりがちな請求書処理ですが、受け取ったらすぐ転送しておくことで、登録漏れを防ぐことができます。

さっそくあなた専用の登録アドレスを確認してみましょう。

法人税申告書の作成も freee で

3つの電子申告に対応した新しいサービス「クラウド申告 freee」の提供を2017年1月初旬より開始することを発表しました。

これにより現在対応している決算書作成に加え、法人税申告書の作成も可能になります。別途申告ソフトをご用意いただく必要はなく、freeeで会計から申告まで全て行っていただけます。 ご利用開始は2017年3月決算の法人申告からを予定しております。

 

従業員のマイナンバー登録をスマホで

スマホマイナンバー.png

マイナンバーの登録は、本人確認書類の画像添付が必要となります。スキャナなど特別な機器がない場合は、どのようにすれば良いでしょうか?

freeeでは、従業員の年末調整作業のステップフロー内で登録用のQRコードが表示されます。従業員は、そこからスマホで自分の本人確認書類を撮影し、freeeにアップロードができるようになりました。

マイナンバーの収集は、freee(フリー)で簡単に。

Excel形式でのインポートに対応

excelインポート.png
毎月ある作業だからこそ、ファイルの加工や変換は面倒ですよね。

このたび、仕訳データ、売上データのExcel形式でのインポートに対応しました。例えば、毎月の売上をお手元のExcelで管理されている場合、ファイルをそのままアップロードすれば、収入取引としてfreeeに登録することができます。

今後も支出取引など他のインポートなどに対応していく予定です。

リリース・お知らせ

 

 

freee プレスリリース

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp