お知らせ | クラウド会計ソフト freee

2017年2月度 freee新機能のお知らせ

 

スマレジとの連携に対応

1-1-1-
iPadなどのタブレットを利用したクラウドPOSレジ「スマレジ」とのAPI連携に対応しました。
売上情報を会計ソフトに転記する手間を省くことができるほか、複数店舗管理に対応しており、店舗毎の管理をクラウドで完結させることができます。(店舗データはfreee内で部門として連携されます。)

取引先の設定がカンタンに

2
取引先設定の画面、法人番号や住所から取引先情報を検索できるようになりました。
これにより、取引先の会社名や住所の入力の転記ミスをなくしたり、手入力の作業を削減することができます。

従業員の検索が可能に
会計freee リリース情報

 

 

給与freee リリース情報

 

 

お知らせ・プレスリリース

 

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー) お知らせ | クラウド会計ソフト freee

ペイパル決算で有償プランの有効期間1ヶ月延長キャンペーン

freee_company ペイパル決算で1ヶ月延長キャンペーン

 

キャンペーンについて

 

■ 期 間 ■
2017年 2月 10日(金)~ 2017年 3月 31日(金)
 
■ 対 象 ■
下記の全ての条件を満たす方は自動でキャンペーンの対象になります。
・初めての会計freee有償プラン(※1)のご契約
・支払い選択で年額支払いを選択し、ペイパルで決済をされた方
※1:有償プランとは個人事業主用スタータープラン、スタンダードプラン、プレミアムプラン、法人用ライトプラン、ビジネスプランを指します。
 
■ キャンペーン内容 ■
年額有償プランの有効期間が通常12カ月間のところ、13カ月間に延長されます。

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー) お知らせ | クラウド会計ソフト freee

freee 公式コミュニティ「freee部」の2017年新年会を開催しました。

 

freee部新年会開催レポートをお届けします

 

2017年1月18日、freee本社オフィスにて約20名のfreee部員の方にお越しいただき、更には遠隔からのweb参加の方も交え、freee部の新年会を開催しました。

freee部について

freee部とは、freeeと一緒に、freeeのプロダクト、ミッション、価値基準を広め、応援してくれるパートナーのあつまりのことです。すでにfreee部には100名以上の方にご登録いただいております。

▶ 公式サイト https://www.freee.co.jp/freee-bu

 

弊社サポートチームの松井からfreeeサポートの裏話から始まり、今回は9名もの部員の方からfreeeに関するショートプレゼンをしていただきました。

freeeをご利用の法人・個人事業主の方、会計事務所や社労士の方など、様々な方が普段freeeを利用している際に感じていることや、改善要望、お気に入りポイントなどを熱く語っていらっしゃいました。部員の方はもちろん、参加したfreee社員が皆興味津津で、大盛況のショートプレゼン大会でした。

【当日のショートプレゼンタイトル一部抜粋】

・元プログラマーが見たfreee
・freeeで非常事態に備えよう
・freeeと経営支援サービス
・freeeを活用したバックオフィス業務改善について
・社労士のfreee活用方法
・freeeと出会って当社はどう変わったか
・B to Bの会社がfreeeを使ってみた

 

また、参加されたfreee部員の方の多くの方に感想も書いていただいております。

face-0001-1

face-0001-2
face-0001-3
face-0001-5
 

今後の活動について

 

freee部は今後、新プロダクト体験、キャンペーンの優先案内、freeeの魅力や価値・活用法を世の中に広める活動、freeeオフィスでの特別イベントなど、さまざまな活動を予定しています。

熱い気持ちを持ってfreeeを広める活動に参加していただける方のご応募をお待ちしております。

freee部ページ
https://www.freee.co.jp/freee-bu

freee部規約をご一読の上、お申し込みください。

 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp

 

 

 

 

 

 

 


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

freeeの取引ネットワーク推測でつくる新しい業務プラットフォーム

取引ネットワーク推測とは?

この度、会計 freee(フリー)において、取引ネットワーク推測をリリースいたしました。情報公開を許可している企業同士が、よりfreeeを活用できるしくみのことで、スマート請求書に続く「freeeが目指す企業間取引プラットフォーム」施策の第2弾となります。

 

スマート請求書をサジェスト

取引先が freee を利用している場合、請求書の画面でサジェストされるので、スマート請求書を選択しやすくなりました。

スマート請求書推測.png

 

取引先設定がカンタンに

取引先が公開している、会社名と住所を使って、freeeへの取引先設定がカンタンにできるようになりました。

会社名推測.png
取引ネットワーク推測 Q&A

Question.png具体的にどのようにすれば使えますか?
Answer.png自社の会社情報を他のfreeeユーザーに公開する設定にしましょう。
公開設定がされている取引先について、スマート請求書がサジェストされたり、名前・住所の登録をカンタンに行うことができたりします。

Question.pngすべての会社情報が見られるようになりますか?
Answer.png現在は、会社名と住所のみが公開設定の対象になります。
公開設定している事業所と一致していると推測される取引先は、一覧画面でfreeeのアイコンが付きます。

Question.png取引ネットワーク推測は誰でも使えますか?
Answer.png無料プラン以外のすべてのプランで利用できます。
取引ネットワーク推測が利用できるプランへの変更はこちら。

 


 
freee(フリー)は、今後も、ユーザー同士が繋がることでさらに効率化が可能となるサービスの提供を進めてまいります。
 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp