プロダクトアップデート | クラウド会計ソフト freee

2016年7月度 新機能のお知らせ

 

いつもお世話になっております。
クラウド会計ソフトfreee 嶋田まゆみです。

7月度のfreee新機能リリース情報です。

 

請求書のやりとりがfreee内で完結

freeeを使っている方から受け取った請求書を、オンラインで簡単に記帳できるようになりました。メールで届いた請求書にある「freeeに取り込む」をクリックするだけで、請求書に記載されている内容が自動転記され、そのまま買掛金として登録することができます。

freeeを使えば、請求書の発行も、受け取った請求書の記帳も1つの画面で完結。あなたの経理をぐっと効率化できます。

freeeの入社手続きが新しく

給与freeeが「健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届」の作成に対応しました。この書類は入社時に社会保険に加入するすべての従業員に対し必要ですが、入社した日から5日以内に提出する必要があり、短期間で準備をしなければなりませんでした。

freeeでは、入社前の従業員に入力を依頼をすることができ、従業員に入力してもらった内容でカンタンに届け出を作成することができます。

所得税徴収高計算書の納期特例に対応

従業員の給与などから源泉徴収した所得税は、控除月の翌月10日までに税務署へ納める必要がありますが、従業員が10人未満の場合に源泉所得税を半年分まとめて納めることができる特例があります。

給与freeeがこの納期特例に対応し、チェックを入れるだけで対応した書類を出力できるようになりました。

 

キーボード操作でさくさく「高速登録」リリース

キーボード操作のみで一度にたくさんの取引を効率的に入力できる「高速登録」をリリースしました。現金取引が多い方、freeeがまだお使いの銀行との同期に対応していない場合などに便利です。

 

納品書の合算請求に対応

freeeで作成した複数の納品書を、1枚に合算して請求できるようになりました。合算して請求したい納品書を選択するだけで、各取引を合計した請求額が記載された1枚の請求書に簡単にまとめることができます。

 

初期設定に便利なExcelアドインをリリース

初期設定用に加工したExcelファイルをfreeeにそのままインポートできるアドインをリリースしました。Excelのインターフェイス右側にある「データインポート」をクリックすると、加工した勘定科目・取引先・部門・品目を簡単にfreeeに取り込むことができます。(ヘルプページはこちら: https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/210287946

 

その他のアップデート

  • 振替伝票のインターフェイスをリニューアル、キーボード操作による高速登録に対応
  • 品目・メモタグ・取引先の一括削除に対応
  • freee Androidアプリで、取引先品目検索に対応

 
 


クラウド会計ソフトfreee(フリー)
https://secure.freee.co.jp