機能紹介 | クラウド会計ソフト freee

家事按分機能を紹介〜家事按分の対象となる取引に「事業用比率」を設定する〜

「freee(フリー)」個人事業主プランに、家事按分機能が追加されました。

家事按分とは?

電話代、駐車場代、家賃などを、プライベート用と事業用で同じ一括して払っているものを妥当な割合で、経費として計上することです。

「freee(フリー)」では、経費として計上する割合(事業利用比率)を指定すれば、自動で家事按分を行います。

 

使い方

1.メニューバーから、「決算」をクリックし、「家事按分」を選択します。

スクリーンショット 2013-06-11 17.25.11

2.家事按分の対象となる科目とタグを入力し、事業利用比率を選択します。

例えば、

・家を事務所として使っている

・利用面積(占有率)が、家の半分

このケースの場合、以下のようになります。

スクリーンショット 2013-06-26 10.50.05

3.登録した「家事按分の情報」と、「仕訳した取引の情報」が一致すると、自動で家事按分を行います。

 

一度、「家事按分の登録」をしてしまえば、後は自動で計算をするので、大幅なコストカットにつながります。

是非ご利用下さい!


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー) 機能紹介 | クラウド会計ソフト freee

【機能紹介】freee(フリー)で請求書を作成・管理・自動化できます

全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」はただの会計ソフトではありません。
請求書を作成・管理・取引を自動化できるソフトです。
請求書を管理するために他のアプリや、サービスを利用する必要はありません。

今回のブログでは、請求書の簡単な使い方を紹介します。

1、「収支の管理」→「請求書の作成」
スクリーンショット 2013-06-23 15.59.55

ホーム画面の上のメニューバーから、
「収支の管理」をクリックして下さい。
その後、
「請求書の作成」というところをクリックして下さい。

2、必要事項を埋める
スクリーンショット 2013-06-23 16.07.39
取引先の名前や、金額などを埋めて下さい。
そして、左下の作成ボタンを押すと、請求書が完成します。
請求書の登録と同時に、将来受け取るお金(売掛金)も登録されます。

請求書と同じ金額の振込があると、
「入出金予定とマッチ」が機能し、請求書を「払い済みの取引(売掛金の消し込み)」にします。

3、プリンターで請求書を印刷する
請求書を印刷するときは、「収支の管理」→「請求書の一覧」
をクリックして下さい。
そうしましたら、
一覧にある、プリンターの小さいアイコンをクリックして下さい。
スクリーンショット 2013-06-23 16.11.05
これで印刷できます。

freee(フリー)の請求書機能を使って、
請求書に関する取引を自動化してみてはいかがでしょうか。


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー) 機能紹介 | クラウド会計ソフト freee

他社の会計ソフトのデータをインポート

これまで、他社の会計ソフトから「freee (フリー)」にデータを引き継いで乗り換えたいというご要望が多く届いておりました。

そこでこの度、他社の会計ソフトの振替伝票のデータを「freee (フリー)」にインポートできるように致しました。

データインポートのやり方をご紹介頂きたいと思います。

① まずトップ画面から、「決算」をクリックし、「振替伝票」を選んで下さい。
スクリーンショット 2013-05-29 22.48.07

② 次に、右側に「仕訳データのインポート」というボタンが出てきますのでクリックして下さい。
スクリーンショット 2013-05-29 23.06.05

③ すると、このような画面が出てきますので、データを選択して、送信して下さい。
スクリーンショット 2013-05-29 22.50.48

④ メールが届くまで、しばらくお待ち下さい。
スクリーンショット 2013-05-29 22.42.52

⑤ メールが届きましたら、再び「freee (フリー)」を開き、①と②の作業をお願い致します。下のような画面が出るので、「登録する」を押せば、会計データがインポートができます。
スクリーンショット 2013-05-29 22.52.21

他社の会計ソフトからのデータのインポートはこれで完了です!
とても簡単ですので、是非乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

またこちらからご覧いただけます。


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー)

HubTokyo にて、全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」、会計プロフェッショナル向け勉強会を行いました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月18日の 13 時から 16 時にかけて、東京目黒にあるコワーキングスペース HUB Tokyo にて
税理士・会計士・記帳サポートなど会計プロフェッショナルの方を集めた freee(フリー)の勉強会を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者は、会計事務所の経営者や税理士さんなど、会計プロフェッショナルの方から、
freee(フリー) に興味を持っている個人事業主さんから社長さんまで、様々な方に参加していただきました。

今回の勉強会は、
・freee(フリー)の特徴紹介
・ログインして、取引の実演
・ Q & A
という流れで行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特に、最後の Q & A では、「会計プロフェッショナル勉強会」ということもあり、皆様から大変参考になる意見を聞くことができました。尚、「第二回 会計プロフェッショナル向け勉強会」はまだ未定です。

こういったイベント告知は facebook を通して行いますので、
参加希望の方は、freee(フリー)公式facebookページの「いいね」を忘れずに!

freee(フリー)は、今後ともより一層機能を充実させていき個人事業主や経営者の方々をサポートしていきますので、よろしくお願い致します。


お知らせ | クラウド会計ソフト freee

新機能追加とアップデートのお知らせ〜各種レポートがCSV形式とPDF形式でエクスポート可能に〜

アップデート
平素より全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」 をご利用頂きありがとうございます。freee のアップデート情報をお知らせいたします。

1.各種レポートがCSV形式とPDF形式でエクスポートできる機能を追加しました。(収入・支出レポート、売掛金・買掛金レポート、月次推移レポート、試算表)

各種レポートがCSV形式とPDF形式で、エクスポートできるようになりました。 CSV形式のエクスポートは、エクセルなどで経営分析に利用でき、PDF形式のエクスポートは、レポートの印刷などに利用できます。

2.「自動で経理」「収入・支出の一覧」の画面表示を高速化しました。

「自動で経理」と「収入・支出の一覧」の絞り込み時のレスポンスを高速化し、画面表示を快適にしました。

3.総勘定元帳の個別の勘定科目ページに残高を表示しました。

「決算」→「総勘定元帳」の各勘定科目のページに「残高」を表示しました。 勘定科目毎の残高推移が簡単に確認できます。

4 . Internet Explorer 8 以上のブラウザに対応しました。

Internet Explorer で freee が使えるようになりました。 共有した会計データも Internet Explorer で利用が可能です。

5. 「未払い」の登録を強化しました。

「自動で経理」の「詳細登録」にて、「未払い」で登録した取引が10件以上表示できるようになりました。

 

—————————————————————-

 

これらの新しい機能を、是非一度お試し下さい。 全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」は、皆様の声をもとに、日々進化を続けております。

ご感想・ご意見がありましたら、 freee のご要望フォームか freee@c-fo.com まで気軽におよせください。


機能紹介 | クラウド会計ソフト freee

勘定科目追加機能

勘定科目追加機能が追加されました。
「freee」には存在しない勘定科目を、自分の会社では使いたいという時に便利です。
今日はこの新機能の使い方をご紹介したいと思います。

1、まずは、「勘定科目の一覧」へ
「設定」をクリックし、「勘定科目の設定」を選びます。
すると下のような、「勘定科目の一覧」が現れます。
「新しい勘定科目の登録」をクリックします。

スクリーンショット 2013-06-01 18.45.02

2、勘定科目を追加
「勘定科目のカテゴリー」や「税区分」などを設定して、保存を押せば、勘定科目が追加されます。
勘定科目のカテゴリーは、その科目が、資産や負債、資本といった会計上の分類のうちどれに含まれるのかということです。

スクリーンショット 2013-06-01 18.56.06

「勘定科目追加」機能を活かして、ユーザー様に合わせて、「freee(フリー)」をカスタマイズしていきましょう。


機能紹介 | クラウド会計ソフト freee

「freee(フリー)」がInternet Explorer 8 以上に対応しました。

全自動のクラウド型会計ソフト「freee(フリー)」は
この度、より多くのユーザー様に「freee(フリー)」をご利用頂くため、
Internet Explorer (8以上)に対応致しました。

スクリーンショット 2013-06-07 18.13.25

この機能により、Internet Explorer を使って freee を使うことはもちろん、共有した会計データも Internet Explorer で利用が可能になりました。
是非一度、お試し下さい。
freee は、自動化機能の強化、機能追加、改善をつづけ、スモールビジネスの「経営者が創造的な活動にフォーカスできる」ことの実現を目指します。
ご感想・ご意見があれば freee のご要望フォームか freee@c-fo.com まで気軽におよせください。


freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー)

2013年5月の freee アップデート情報!〜勘定科目の追加や他の会計ソフトデータインポートが可能に〜

アップデート平素より freee をご利用頂きありがとうございます。
今月の freee アップデート情報をお知らせいたします。

1.他の会計ソフトデータをインポートできるようになりました。
他の会計ソフトの仕訳データを freee にインポートできるようになりました。
ログイン後、「決算」⇛「振替伝票」⇛「仕訳データのインポート」を選択し、データをアップロードをしてください。詳しい使い方はこちら

2.勘定科目の追加ができるようになりました。
新しい勘定科目の追加ができるようになりました。
freeeでは、品目や取引先を適用タグで利用することにより、勘定科目を増やさなくても管理がしやすくなっておりますが、今回の機能追加により、お好きな勘定科目を登録することもできます。「設定」⇛「勘定科目の設定」を選択し、新しい勘定科目を登録してください。

3.試算表が利用できるようになりました。
試算表が利用できるようになりました。
「レポート」⇒「損益計算書」「貸借対照表」を選択してください。

4.取引内容のコピーができるようになりました。
自動で経理などで仕訳した取引内容をカンタンにコピーできるようになりました。複雑な仕訳を毎回する必要はありません。
「収入の一覧」「支出の一覧」を選択し、取引内容をコピーしてカンタンに経理をしましょう。それぞれの取引の詳細から「コピー」を選択するだけです。

5.りそな銀行 (法人) ・ジャパンネット銀行 (法人) の自動同期に対応しました。
これまで、りそな銀行・ジャパンネット銀行は個人口座のみ自動同期に対応していましたが、このたび、法人口座にも対応しました。

—————————————————————-

web口座取引明細の機能を強化しました。
・web口座取引明細の手動での入力、詳細の表示、インポートの成功確認、取得履歴確認の機能を追加しました。
・取込が重複している可能性のある取引明細にお知らせする機能を追加しました。

その他、様々な機能を強化しました。
・自動で経理の勘定科目選択画面を改良しました。
・自動で経理の詳細登録機能を強化しました。
・払済み取引の詳細編集ができるようになりました。
・取引の税区分を指定・補完する機能を追加しました。
・自動登録ルールを検索する機能を追加しました。
・住所を補完する機能を追加しました。

不具合を修正しました。
・現預金レポートが表示できない不具合を修正しました。
・共有機能が利用できない不具合を修正しました。

—————————————————————-

これらの新しい機能を、是非一度お試し下さい。

ご感想・ご意見があれば freee のご要望フォームか freee@c-fo.com まで気軽におよせください。


機能紹介 | クラウド会計ソフト freee

同期できる銀行が増えました

口座を同期させるとその情報から、freee(フリー)は自動で仕訳を作成します。
そして、この度、同期させることができる法人口座が増えました。
りそな銀行の法人口座と、ジャパンネット銀行の法人口座も対応いたしました。
りそな、ジャパンネットの法人口座をご利用の方はぜひ、「freee」のご利用を検討してはいかがでしょうか?

現時点での自動同期に対応している法人口座は
りそな銀行
楽天銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
となっております。

写真はクリックすると、拡大してご覧頂けます。

スクリーンショット 2013-06-01 16.35.14

これらの銀行以外の口座をご利用の方も、口座情報をCSV形式のファイルでダウンロードして頂き、それをfreeeにアップロードして頂くと「自動で経理」機能が使えます。

「自動で経理」機能についての詳細はこちら

全自動のクラウド型会計ソフト「freee」は3ヶ月無料でお試しいただけますので、是非お試しください。