副業の税額診断

最短1分で所得税、社会保険料を算出

Powered by freee

簡単な質問に答えて、確定申告が必要かや
納税額を確認してみましょう!
青色申告をした場合に、
どれだけ得するかも算出します

診断スタート

※見込み年収は税金などが差し引かれる前の収入です

以下の入力をするとより詳細に試算ができます(任意)

診断結果

この副業収入の場合、
確定申告が必要です
会計freee
会計freeeを使えば知識がなくても
副業の確定申告が簡単にできる!
青色申告と白色申告、どちらがお得?

青色申告の場合

0お得!

青色申告のときの納税額

0

所得税
0
住民税
0
社会保険料
0
個人事業税
0

白色申告のときの納税額

0

所得税
0
住民税
0
社会保険料
0
個人事業税
0
副業収入を青色申告は事業所得、
白色申告は雑所得として計算した結果です
  • 住民税は東京都品川区の場合での概算です
  • 個人事業税は一律5%での概算です
  • 本診断結果は、平成30年8月1日時点の法令をもとに、簡易的な試算をしたものであり、診断結果が実際と異なることがあります。あくまでも目安としてご利用ください
  • 本診断を利用されたことにより生じた不利益や損害などには、弊社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください
  • 法令改正等により、税務の取り扱いが変更になった場合には変更後の内容が適用されますのでご注意ください

副業収入を事業所得にするには

収入の規模や掛けている労力、継続期間などを
総合的に見て判断されます
それぞれの基準を満たすようであれば、
収入を事業所得で青色申告することを検討しましょう

青色申告の申請も開業freeeで

開業freee
青色申告に必要な申請書や開業届は、
開業freeeを使えば
無料で簡単に作成できる!
年の収入を青色申告する場合は、
今年中に開業届と青色申告承認申請書を提出しましょう
(それぞれの提出期限についてはこちらをご確認ください)
経費を含めると所得が20万円を超えない為、確定申告をする必要がありません

ただし、所得が1円以上ある場合、住民税の申告が必要です

確定申告をすると、税務署から市区町村へ通知が行われ、住民税の計算がされます

そのため、所得が20万円以下でも確定申告をするのがオススメです

会計freee
会計freeeを使えば知識がなくても
簡単に複式簿記や確定申告書Bでの
確定申告ができる!
(白色申告の確定申告も可能!)
facebookで共有 twitterで共有 LINEで共有

副業の方必見!お役立ちコンテンツ