白色申告の基礎知識

白色申告における基礎控除とは何か?税金の計算方法について

白色申告は青色申告に比べ、税制上での控除が少ないのですが、いくつかあり、基礎控除もそのなかのひとつです。基礎控除は、誰もが受けられます。所得税の確定申告においては、色々な専門用語が出てきますが、ここでは代表的な4つの言葉について確認をし、どのような段階を経て税金が計算されるのか学んでいきましょう。

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

所得≒儲け≒利益

所得というのは、言い換えると儲けのことです。ここでよくあるのは「儲けとは売上のことである」という勘違いです。

儲けというのは、売上からだけでは計算ができません。どれだけの仕入があって、どんな経費を支払ったのか、という情報も必要です。つまり儲けとは「売上から仕入や経費を引いて計算するもの」だということです。当たり前のことなのですが、実はこれらの言葉を混同して使っている人は少なくありません。

儲けという日常用語を、会計や経理の世界では利益と呼んでいます。そして税務の世界では所得と呼んでいます。つまり所得税とは「その人が一年間に得た儲けに対する税金」という意味なのです。

白色申告をしている個人事業主の方々は、自分の商売(不動産業や農業も含む)によって儲けを得ています。給与で生活をしている方々は、勤務先から得る賃金給与が儲けの元です。両者ともに所得税を支払う義務は同じです。

ただし、給与生活者は所得を勤務先で計算してくれるのに対して、個人事業主は自分で所得を計算しなければなりません。そのために、個人事業主は所得を計算するための書類、つまり会計帳簿を作成することが義務付けられているのです。

所得控除では「その人の私生活」に注目する

前段の所得計算というのは、言い換えるならば「仕事面の計算」だと言えます。個人事業主であれば、自分の商売で得られた所得を計算します。給与生活者であれば、企業で仕事をしていくらの所得が出たのかを計算します。

しかし、人間には仕事の面だけでなく、私生活の側面もあります。
◯どんな家族を養っている?
◯本人や家族が身心に障害を抱えていないか?
◯生活保障に必要な保険などに加入していないか?
◯高額な医療費を負担していないか?

こういった私生活面における負担について、所得税では考慮することになっています。そのための制度が所得控除です。所得控除には、主に人的なものと物的なものが用意されています。
◯人的なグループ:配偶者控除・扶養控除・障害者控除・寡婦(寡夫)控除など
◯物的なグループ:社会保険料控除・生命保険料控除・医療費控除など

所得控除は、その人がどんな方法で所得(儲け)を得ているのかに関わらず考慮されます。個人事業主であろうが、給与生活者であろうが関係がありません。給与生活者の場合には、年末調整と呼ばれる企業側での所得税計算時において考慮されます。それに対して、白色申告や青色申告をする個人事業主については、確定申告をする時に必要な情報を記載して自分で計算することになります。

医療費控除は、納税者本人又は生計を一にする配偶者やその他の親族の医療費を支払った場合に、一定の金額を所得から差し引くことができるもので、下記の式で計算されます。

「実際に支払った医療費」 -「 保険金等で補填される金額」 -(10万円) = 「医療費控除の対象となる金額」(最高で200万円)
※その年の総所得金額等が200万円未満の人は、10万円ではなく総所得金額等の5%の金額になります。

また、医療に関わる費用として、例えば通院のための交通費等も医療費の範囲に含まれます。

基礎控除は所得控除の一種

実は我々は、どんな人間でも養っている人が1人います。それは自分自身です。どんな方法で生活をしているにしろ、自分という人間の面倒はみているのです。そのため、すべての納税者について基礎控除と呼ばれる所得控除が認められています。基礎控除は、要件に該当する場合に控除するというものではなく、一律に38万円が適用されます。

課税所得と納税額

最初に紹介した「所得」から、その次に紹介した「所得控除」(その次に紹介をした「基礎控除」は「所得控除」の一種)を引くと、その人の「課税所得」が計算されます。読んで字のごとく、税金の基となる所得のことです。この課税所得に対して、所定の算式を用いて計算されるのがその人の「納税額」です。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

まとめ

◯生活手段に応じて「所得」を計算する
◯私生活に関する事情を考慮する「所得控除」を計算する
◯「所得」から「所得控除」を差し引いて「課税所得」を計算する
◯「課税所得」に一定の算式を用いて「納税額」を計算する
このような流れで所得税額が計算されている、ということを覚えておきましょう。

白色申告を簡単に終わらせる方法

確定申告は個人事業主・フリーランス、さらに最近では副業で収入を得た会社員の方など、様々な方に関わりが深い一大イベントです。
確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、対象者は期限までに書類を作成し納税をすることが義務付けられています。青色申告の方が税金の控除がかかるためお得ですが、事前に税務署への届出が必要なので、今年副業で思ったよりも稼げてしまったなど届出をしていない方は今年は白色で申告をすることになります。

青色申告に比べると簡単と言われる白色申告ですが、書類作成に不安をお持ちの方は少なくありません。確定申告書類を作るには、手書き含めいくつか方法がありますが、お勧めは確定申告ソフトfreeeの活用です。

確定申告ソフトfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に白色申告書類を作成することができます。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなた自身の情報やお仕事(事業)の内容について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択します。各項目の横には「?」マークがついており、カーソルを当てると詳しい説明を見ることもできます。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!

STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、白色申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。1年間の収支に関して画面の指示に沿って○×形式で15の質問に答えていきましょう。

まるばつ形式で回答


有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)はチャットで確定申告についての質問が可能。

白色申告に必要な書類のプリントアウトも可能

スタータープラン(月額980円)に申し込むと白色申告に必要な書類のプリントアウトも可能。印刷して郵送するだけで確定申告が完了します。

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要ですが、確定申告ソフトのfreeeを活用すれば、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができ、その費用も月額980円です。余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

白色申告ソフト freee

白色申告ソフト freee なら、面倒な白色申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識