会計の基礎知識

キャッシュフロー計算書の見方を徹底解説

企業の経営方針を検討していくうえで、非常に重要な判断材料となるのが「キャッシュフロー計算書」です。
ここでは、キャッシュフロー計算書に関する基礎知識やその見方について解説します。

キャッシュフロー計算書の見方を徹底解説

目次

キャッシュフロー計算書とは

一定期間の収入としてのキャッシュインと、支出としてのキャッシュアウトの流れを把握し表にしていくものです。
貸借対照表や損益計算書と共に財務諸表を構成している一つですが、企業の資金の流れを把握するためにキャッシュフロー計算書が必要となります。

企業は売上を現預金ではなく、ツケ(売掛金)や受取手形で受け取ることもあります。そこで帳簿では利益がでていても、支払いにあてることのできる現預金が足りずに、資金不足に陥ってしまうと倒産してしまう可能性があります。そうならないためにもキャッシュフロー計算書を読み取って活用していく必要があるでしょう。

キャッシュフロー計算書の基本構造とみるべきポイント

3種類のキャッシュフロー

キャッシュフローには3種類あり、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローとなります。

【営業キャッシュフロー】
営業キャッシュフローは企業の本業である営業活動でどれだけ稼いだかを表すものです。商品の販売やサービスの提供による売上、人件費や商品仕入、事業所の家賃などが営業キャッシュフローに入ります。また財務キャッシュフローや投資キャッシュフローに含まれないものとして、災害の保険金や損害賠償金なども営業キャッシュフローに入ります。

営業キャッシュフローがプラスの場合、本業で稼いでキャッシュが増えているということになります。借入など外部に頼る必要はなく、本業の儲けから新規の投資にまわすことができ、借入金があっても返済していけます。営業キャッシュフローがプラスになっているということは、本業の儲けでキャッシュが増えており、企業活動は健全だといえます。

営業キャッシュフローがマイナスとなっている場合、本業でキャッシュを稼げていない状態です。企業活動を続けていくために、銀行借入をして何とかしのいでいても、本業で儲けがでていなければ資金不足に陥り倒産してしまう可能性もあります。営業キャッシュフローがマイナスとなっている場合は、早急な対処が必要となります。

【投資キャッシュフロー】
投資キャッシュフローは企業がどれだけ投資をしているのかを表すものです。本業の儲けでキャッシュフローがプラスとなり、事業拡大のために設備投資でマイナスとなるのは成長している企業だといえます。
投資キャッシュフローがプラスとなっている場合、土地や建物、または設備など、資産を売却して資金を得ていることを示しています。

【財務キャッシュフロー】
財務キャッシュフローは、主に資金の調達や返済など企業の財務に関するものです。銀行からの借入や返済など外部からの資金調達や返済を表しています。
また銀行借入や返済の他、株式や債券の発行や配当金の支払いなどが入ります。
企業の業績が良ければ、一般的に財務キャッシュフローはマイナスとなります。

本業の儲けである営業キャッシュフローから銀行借入の返済や、配当金の支払いをすることで財務キャッシュフローがマイナスとなるからです。

財務キャッシュフローがプラスとなっていれば、銀行借入で資金を調達していると考えられますが、その資金調達は設備投資のための可能性もあります。財務キャッシュフローをみるときには、営業キャッシュフロー、投資キャッシュフローとの関連も合わせて確認する必要があります。

フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローとは、企業の営業活動により得た営業キャッシュフローから、企業の事業を維持するための投資キャッシュフローを差し引いたものです。つまり、企業が自由に使える資金がフリーキャッシュフローとなります。

このフリーキャッシュフローにより、銀行返済をしたり、内部留保を増やしたりすることができます。企業のキャッシュフローでは、このフリーキャッシュフローを増やしていくことが重要なこととなります。

フリーキャッシュフローがゼロまたはマイナスだった場合には、企業で自由に使え資金がないため、事業を維持するために銀行借入や資産の売却などで資金を調達する必要があります。
フリーキャッシュフローを増やしていくためには、営業キャッシュフローを増やすか、または投資キャッシュフローでのマイナスを減らしていく必要があります。企業が事業を継続していくための投資をゼロにすることはできませんが、過剰な設備投資をしないことも大切です。

パターン別キャッシュフロー計算書の実例

ここでは、キャッシュフロー計算書の実例を、パターン別に解説していきます。

経営が安定しているとき

企業の営業活動でしっかり利益がでているときには、営業キャッシュフローがプラスとなり、投資活動により投資キャッシュフローがマイナスとなります。フリーキャッシュフローも十分に残っているようであれば、銀行の借入返済や配当金の支払いをすることで財務キャッシュフローはマイナスとなります。

経営が不安定なとき

企業の営業活動で利益がでずに赤字となっている場合には、営業キャッシュフローはマイナスとなります。本業でキャッシュフローがマイナスとなっていれば、投資をするどころではなく、本業のキャッシュフローのマイナスを補てんするために、設備や不動産などの資産を売却して投資キャッシュフローはプラスとなるかもしれません。

それでもフリーキャッシュフローはゼロまたはマイナスとなってしまえば、銀行借入などで賄うため、財務キャッシュフローがプラスとなります。
営業キャッシュフローがマイナスで財務キャッシュフローがプラスの状態が長く続くと、企業は倒産する可能性があります。早急に対応しなければなりません。

まとめ

キャッシュフロー計算書は、貸借対照表と損益計算書と同じく財務諸表の一つですが、企業の資金の動きを把握することができます。本業でどれだけ利益を上げキャッシュを稼いでいるのか、投資にどれだけキャッシュを費やしているのか、財務では銀行借入や返済などのキャッシュフローがどうなっているのか確認できます。
財務諸表ではキャッシュフロー計算書をしっかり確認して企業の状態を判断していくことが重要といえます。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識