会計の基礎知識

キャッシュ・フロー経営とは

キャッシュ・フロー経営とは

会社経営は帳簿上の数字を追うだけでは、現実のキャッシュとの違いに気が付くのが遅くなってしまう可能性があります。帳簿上の動きも重要ですが、キャッシュの流れを常に理解しておくことも、安定経営のためにはとても重要です。

ここでは、キャッシュ・フロー経営について詳しく解説します。

目次

キャッシュ・フロー経営とは

キャッシュ・フロー経営とは現金つまりキャッシュを重視していく経営のことです。
会社の手元現金を増やすことを目的としているため、利益追求や節税また資金調達やリストラなど、全ては手元の資金を増やすための手段となります。

キャッシュ・フローとは

キャッシュ・フローとは企業のある会計期間において、どれだけの資金が流入したのか、またどれだけの資金が流出したのかの資金の流れのことです。
資金の流入をキャッシュ・イン・フローといい、資金の流出をキャッシュ・アウト・フローといいます。
このキャッシュ・イン・フローとキャッシュ・アウト・フローの純額をキャッシュ・フローといい、貸借対照表の期首の資金残高と期末の資金残高とも連動しています。

これまでの経営手法との違い

キャッシュ・フロー経営がこれまでの経営と何が違うのか、簡単にいうと手元の資金を確保して増やすことを第一とすることです。
会計上の処理としては商品を掛で販売した際に売掛金として計上することになります。掛売上は損益計算書に売上として計上されますが、現金の動きを把握するためのキャッシュ・フロー計算書には反映されません。

一方ではキャッシュ・フロー経営では売掛金が発生した時ではなく、現金を回収した時を基準とするため、資金の動きを把握することができます。
損益計算書の利益は実際の資金の動きであるキャッシュ・フローを反映していないため、「利益は意見、キャッシュは事実」ともいわれます。利益とは会社会計の仕組みから考え出された概念であるため、実際の資金の流れとは違ったものとなります。

キャッシュ・フロー経営を意識することで、会社の体力である資金を増やしていくことができます。資金を確保することは、利益を第一主義から一線を画すことになり黒字倒産を避けることができます。

キャッシュ・フローのタイプ

キャッシュ・フローのタイプは営業キャッシュ・フロー、投資キャッシュ・フロー、財務キャッシュ・フローの3種類あります。この3種類を以下で説明していきます。

営業キャッシュ・フロー

営業キャッシュ・フローは、本業の営業活動によりどれだけキャッシュを稼ぎだしたのかを示すものです。営業キャッシュ・フローの額が大きければ大きいほどプラス評価となります。営業活動でのキャッシュ・フローは商品の販売代金を回収することでプラスとなり、商品の仕入代金の支払いや従業員の給与の支払いはマイナスとなります。事務所の家賃や水道光熱費などもマイナスとなりますが、減価償却費は営業キャッシュ・フローのプラス要因となります。

また、法人税等の支払いや保険金の受取、また受取利息や受取配当金などは投資活動に財務活動に当たらないもので営業キャッシュ・フローに含むことが一般的です。

営業キャッシュ・フローがプラスとなっていれば本業の営業活動は順調だといえます。また営業利益よりも多い場合にはキャッシュの増加というしっかりとしたものがある利益となります。ただ、プラスであっても営業利益よりも営業キャッシュ・フローが少ない場合には、販売代金の回収が遅れているなどマイナス要因も多いなど問題がある可能性があります。

投資キャッシュ・フロー

投資キャッシュ・フローは投資活動によって生じるキャッシュの増減を示します。
投資活動では固定資産や設備などの取得や売却によりキャッシュが増減します。営業していく上で必要な建物や工場、事務所また車両などを購入することで会社のキャッシュが出ていき、売却するとキャッシュが入ります。

一般的に投資キャッシュ・フローはマイナスとなります。営業キャッシュ・フローと投資キャッシュ・フローを足したものがフリーキャッシュ・フローとなります。
投資キャッシュ・フローの値はマイナスが少ないほどいいのですが、ゼロとして投資活動を全くしないわけにはいきません。営業活動を円滑にしていくためには適切な投資は必要となります。

財務キャッシュ・フロー

財務キャッシュ・フローは営業活動と投資活動を維持していくために、どれほどの資金を調達したかまたは返済されたかを表すものです。資金不足の際の資金の調達方法やフリーキャッシュができた時に資金をどこに使ったか把握することができます。
資金の調達として借入金や社債発行があり、資金の使い道として借入金の返済や配当金の支払いがあります。

財務キャッシュ・フローで最も注意すべきは借入金の増減です。資金不足の際に借入金を利用することでキャッシュは一時的に増えますが、返済能力以上の借入金があると健全な経営ができなくなります。

キャッシュ・フロー経営を行うために必要なこと

キャッシュ・フロー経営をしていくためには、まず営業キャッシュ・フローがプラスとなっているかどうか確認しましょう。ここがプラスになっていなければ商品を販売してから回収が上手くいってないことなどの問題があり、早急に改善が必要です。その上で投資や財務キャッシュ・フローが適切となっているかどうかを確認していくようにします。

まとめ

キャッシュ・フロー経営は、利益よりもキャッシュを増やしていくことに重点をおいた経営方法です。中でも営業キャッシュ・フローは必ずプラスとなるように健全な営業活動をして利益を出すことで、健全な投資活動をすることができます。財務キャッシュ・フローでの借入金に頼るのはできる限り避けましょう。利益を出すこと、会社のキャッシュを増やしていくことがしっかりとできていれば会社経営は安泰だといえます。

経理をもっとラクにするために、会計freeeを活用しましょう

会計freeeを使えば、日々の経理業務に使う時間を大幅に短縮できます。

クラウド会計ソフト freeeサイト

「自動で経理」で日々の帳簿付けを手軽に

銀行口座やクレジットカードを同期することにより、利用履歴を取り込めます。

取り込んだ明細は、「自動で経理」という機能を使ってカンタンに帳簿付けできます。収入・支出の登録はもちろん、売掛金や買掛金の消し込み、資金の移動なども記帳できます。

経営層にもわかりやすく伝わるレポートもかんたんに

「資金繰りレポート」では、今後のお金の出入りを踏まえた上で、資金ショートを起こさないか確認できます。直接法のキャッシュ・フロー計算書作成にも活用できます。

会計freeeの資金繰りレポート機能

「損益レポート」を使えば、

  • ある部門の損益状況を時系列で確認する
  • 費用・収益の発生状況をグラフから確認する
  • 利益水準が高い月は何月だったのか
などを確認できます。

会計freeeの損益レポート機能

決算関連の書類作成にも対応

損益計算書と貸借対照表が即座に作成できます。

会計freeeの貸借対照表・損益計算書出力イメージ

ほかにも効率的な経理を実現するために数多くの機能があります。

  • 仕訳帳・総勘定元帳のCSV/PDF出力
  • 見積書/請求書/納品書の発行
  • 入金確認や消込、帳簿への反映
  • 支払管理や振込ファイルの自動作成
  • 証憑管理(電子帳簿保存対応)etc...


今すぐ会計freeeを使ってみたい方は、会計freeeアカウントの新規作成(無料)ページからお試しください。

クラウド会計ソフト freee

クラウド会計ソフトfreeeなら会計帳簿作成はもちろん、日々の経理業務から経営状況の把握まで効率的に行なえます。ぜひお試しください!

バックオフィス基礎知識