年末調整シミュレーション

還付額をかんたん診断

Powered by freee

簡単な質問に答えて、
還付される金額を確認してみましょう!
年末調整で還付を受けるのに必要な手続きと
準備するものも分かります
個人事業・副業をされている場合は
原則確定申告が必要です

診断スタート

今年の給与収入の金額を記入してください

見込年収
help
万円

給与明細から保険料・所得税を転記しましょう

毎月の保険料
help
※ 概算の金額が自動で入力されています
毎月の所得税
help

以下の入力をするとより詳細に試算ができます(任意)

診断結果

【あなたの平成30年年末調整診断結果】
by freee

還付額
 円
参考:今年の所得税総額
 円
年末調整の前に準備しておくこと
保険料の控除証明書
加入している保険会社から10月頃に郵送される書類です。内容を申込書に記入して、原本と一緒に会社に提出します。
住宅借入金の申告書・残高証明書
申込書は税務署から、残高証明書は金融機関から発行されます。内容を申込書に記入して、原本と一緒に会社に提出します。
自身のマイナンバーと所得の見積額
会社に提出する書類にマイナンバーを記入します。また、給与以外の収入がある方は金額の概算見積額の記載も必要です。
家族のマイナンバーと所得の見積額
本人のマイナンバー・所得の見積額に加え、養っている家族のマイナンバー・所得も書類に記入する必要があります。
前職源泉徴収票(今年転職された場合)
前職の退職時に発行されます。会社に原本の提出が必要です。
いかがでしたか?
役に立ったらSNSでシェア
facebookで共有 twitterで共有 LINEで共有
※診断結果は公開されません

「年末調整の際に準備しておくこと」をコピーできます。
実際に年末調整を行う際にあると便利ですので、
ペーストしてメモとして残しておきましょう。

説明をコピーする
年末調整の作業を効率化したいなら?
人事労務freee
年末調整にかかる作業の時間を1/5に!