システム障害に関するご報告

平素、弊社製品をご愛顧いただき、ありがとうございます。この度、発生いたしました事象について、多大なるご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。
※ ご参考:2018-10-31システム障害と復旧のお知らせ

前回のお知らせの後の経過詳細について、下記の通りご報告いたします。

事象概要

2018年10月31日12時34分~15時の2時間26分の間、freeeにてシステム障害が発生しすべての機能のご利用ができなくなりました。

原因

システム障害の原因は、新機能開発上のオペレーションのミスが起こってしまったことにあります。当該ミスによるシステムへの影響が即時に把握できなかったため、月末日でお客様へ多大なご迷惑をおかけすることも考慮した上で、お客様のデータ保護を最優先に考え、サービスを一時停止する判断を致しました。

影響範囲

お客様のデータが外部の第三者に漏洩・流出している、あるいは、保存されていたデータが従前から変化しているといった懸念はございません。

対策

既に、事前・事後の確認フローの整備や、マニュアルオペレーションそのものの廃止・システムによる自動化など、プロセス改善の取組を完了しております。
また、万一システム障害が発生した際にも、より迅速・確実に対応できる体制の整備を進めております。
今回起こった事象への個別対策だけでなく、これを期にfreeeのサービス全体へのリスク評価を改めて行い、お客様がより安全・安心にサービスを利用できるよう、抜本的なサービス品質の向上に努めてまいります。

本件についてのご報告は以上となります。
重ねて、ご迷惑、ご心配をお掛けしましたことをお詫び申し上げるとともに、お客様からのフィードバックに誠心誠意向き合い、即座に対応できる体制づくりに努めて参ります。

以上